search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 大河の代役を引き受けたおかげで稼ぎが激増しそうな川口春奈

大河の代役を引き受けたおかげで稼ぎが激増しそうな川口春奈

pic pic

川口春奈

 女優・川口春奈が「重症花粉症対策アンバサダー」に起用され20日、東京・秋葉原のイベントスペースで開催された就任式に出席した。

 各スポーツ紙によると、今回、川口がアンバサダーに起用されたきっかけというのが、約1年前にインスタグラムに投稿した1枚の画像。
 「私は花粉症のせいで化粧やなんやオシャレどころじゃありません。ひっどい顔だね、、、」のコメントとともに投稿された画像は、目の周りを真っ赤にした川口が、複数枚のティッシュをガシッと掴み、鼻にあてている実に苦しそうなもの。

 司会者から「鷲掴みティッシュ顔面押し付け女」と命名されると、川口は「すごいタイトル。それぐらいのインパクトがありましたかね」と照れ笑い。「私の日常を切り取った写真です」と投稿した画像について説明したという。

 現在、薬物事件で逮捕・起訴された沢尻エリカの代役を受けた、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中。司会者から「忙しいでしょ?」と聞かれると、「いえいえ、もう。全然です」と笑みを浮かべたというのだ。 
 「初の時代劇が初の大河ドラマ。オファーを受けるリスクはかなり高かったが、周囲のサポートもあって順調に撮影をこなしている。それよりも、大河出演によって知名度がアップしたことから、すでに昨年に比べて稼ぎが激増しそうな勢い」(芸能記者)

 今年に入ってからだけでも、イベントに出演した「重症花粉症啓発キャンペーン」ほか、2社のCM起用が新たに決まった。
 今月に入りYouTuberデビューを果たしたが、21日までに4本の動画を投稿。総再生回数は1250万回、チャンネルの登録者数は70万人を突破しただけに、YouTubeでもそれなりの収入がありそうだ。

 それなりのリスクがあったはずの大河出演だったが、川口は大きな“賭け”に勝ったようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ