search
とじる
トップ > 社会 > 岸田禅譲内閣へフル加速 強まる菅官房長官辞任説

岸田禅譲内閣へフル加速 強まる菅官房長官辞任説

pic pic

提供:週刊実話

 新型コロナウイルスの脅威が日本国中に蔓延し国民の関心が大きく注がれる陰で、永田町ではポスト安倍に向けた暗闘劇がピークに達しようとしている。

 安倍首相が禅譲を画策する岸田文雄政調会長VS国民的人気の高い石破茂元幹事長という2強の壮絶バトルだ。安倍・岸田連合は岸田氏に有利な国会議員票がメインの両院議員総会選挙で自民党総裁の椅子獲得に動き出した。対する石破氏は各種世論調査でポスト安倍の1番手の勢いをかって、安倍・岸田連合を打ち砕こうと他派閥抱え込みを視野に入れているという。

 全国紙政治部官邸キャップが解説する。

「次期自民党総裁をめぐる暗闘が2月に入り、俄かに活発化しているのは事実です。その前哨戦として最大の動きは首相が菅官房長官をどのタイミングで更迭するかだ。菅官房長官は昨年9月の内閣改造で側近の河井克行前法相、菅原一秀前経産相を閣僚にねじ込んだが、選挙違反と不祥事で相次いで辞任に追い込まれた。さらに、菅氏とタッグを組む二階幹事長周辺でも秋元司衆院議員がカジノ疑惑で逮捕される有様だ。結果、安倍政権に様々な禍根を残した菅官房長官の責任論が噴出している。首相の後ろ盾、森喜朗元首相も月刊誌のインタビューで『長いと人間関係が腐る』と菅官房長官交代論を直言するほど」

 自民党幹部が補足する。

「菅辞任と岸田禅譲はどうリンクするのか。まず首相は過去に総裁選を戦った石破氏の首相就任はどうしても阻止したい。そうすると、ポスト安倍は誰が適任か。菅氏はいつ安倍首相の寝首を掻きに来るか分からない。禅譲で院政を敷けるのは岸田氏となる。その岸田氏をポスト安倍にするには最重要ポストの幹事長を経てから、という考えを首相は抱いている。だから二階幹事長は外したい。つまり、菅氏辞任は二階幹事長交代にもつながるのです」

 首相周辺関係者は「安倍首相が岸田幹事長を実現させれば、岸田総裁は1000%誕生する」と自信たっぷりに断言する。

「自民党党則で『総裁が任期中に欠けた場合&緊急を要する時』は地方党員も参加する党大会に代わり、両院国会議員がメインの両院議員総会で後任を選出できる規定。だから安倍首相が任期途中で電撃辞任なら国会議員数が物言う総裁選となる。石破氏が過去に総裁選で善戦し、票を集めた党員党友などの地方票は全く無意味になる。首相が任期前に辞任すれば、岸田総裁誕生は間違いない」

 こうした水面下の動きを岸田、石破両氏はキャッチ、対応を急いでいる。

 まずは岸田氏。2月4日夜に麻生派の松本純事務局長と会食し、岸田・麻生派の連携を深めているのだ。

「麻生派のボスである麻生太郎副総理兼財務相は、もともと岸田派と同じ宏池会の流れを汲む。そのため総裁選での結束を強める意向です。両派合わせれば100人の大集団になりますからね。これに安倍首相の出身派閥の細田派97人が加わると、197人に膨れ上がる。この数は衆参両院の自民党系議員のほぼ過半数を制する。岸田氏は1月23日夜に谷垣禎一グループ(有隣会)の重鎮・逢沢一郎元国会対策委員長とも会食するなど、票の上積みを狙い動きを活発化させていますよ」(自民党中堅議員)

 それだけではない。前回総裁選では石破氏に大きな力を貸した竹下派(54人)へは、安倍首相自ら岸田氏への協力を内々に打診しているという。

「2月3日の節分の夜、安倍首相は竹下派の後見人である青木幹雄元参院会長と築地のふぐ料理店『つきじやまもと』で森元首相を交え、約2時間会食した。会合は、昨年死去した竹下派の吉田博美元参院幹事長の党葬実施を青木氏が感謝してのもの。だが、首相が会合に応じた腹は前回総裁選で石破氏に協力した青木氏に対して牽制できると踏んだから。首相にすれば、次の総裁選は邪魔しないで欲しいが本音。いずれにしても、安倍首相は敵のど真ん中にも懐柔工作するほど岸田首相誕生に力が入っていると、もっぱらです」(全国紙政治部記者)

 そうなると、先に岸田幹事長を誕生させた後は、来年9月の総裁任期前の、どのタイミングで辞任するかに焦点が集まる。

「東京オリンピック後の9月か、それに近いタイミングだろう。すでに安倍首相は悲願である憲法改正に踏み込めなくてもいいと思っている。その代わり、改憲の意志を忠実に実行してくれる岸田氏が総裁になれる段取りが見通せれば、電撃辞任するつもりだろう」(自民党長老)

 一方の石破氏。安倍首相が青木氏らと“ふぐ会談”をした同じ2月3日、民放BS番組に出演し、岸田禅譲論が取り沙汰されていることについて「自民党の歴史で見たことがない」と牽制。さらに、岸田氏に有利とみられている両院議員総会で総裁選が行われる見方が出ていることに対しては「党員の支持を失う」と切り捨てた。

「安倍首相が菅氏と二階氏の“はしご”を外し、総裁選も両院議員総会での暴挙に出るなら、石破全面支援に出る。両院議員総会で総裁選なら岸田有力という見方もあるが、そうとは断定できない」(菅氏側近)

 石破氏は『文藝春秋』三月号で「安倍総理よ このままでは日本が滅ぶ」と安倍糾弾を本格的に開始した。次の総裁選の本質は「岸田VS石破」ではなく、再度「安倍VS石破」の構図だ。

 毒を盛られるのはどっち?

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ