search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 宮根誠司、クルーズ船乗客への質問が「不安を煽っている」? 乗客は不満を漏らさず

宮根誠司、クルーズ船乗客への質問が「不安を煽っている」? 乗客は不満を漏らさず

pic pic

画像はイメージです

 18日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、横浜港に停泊中のクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗客に電話インタビューを行ったが、MCの宮根誠司の質問が視聴者から失笑を買っている。

 この日、番組では夫婦で乗船しているという60代の男性と電話をつなぎ、現在の心境や船内の状況について聞いていった。その中で、「船内の有志の方が要望書を出してらっしゃって、『国の発表と船のキャプテンのアナウンスが食い違ってて混乱が生じてる』っておっしゃってるんですが、そのあたりどうですか?」と宮根が質問すると、男性は「確かに日にちのズレはあったみたいなんですよ」としつつも、1、2日のズレは当然と回答。「混乱というか、その方を存じ上げないので、どういう意味の混乱かちょっと分からないですけど」と話したほか、宮根が食事やデザートのフルーツ・野菜の摂取、薬の有無などについて質問するも、男性は始終「あります」と答えるなど、下船に関する情報は求めていたものの、物資への不満を漏らすことはなかった。

 この放送に視聴者からは、「宮根が胸糞悪い。わざわざ煽って不満出させるような質問しかしないんだね」「何とかして不満を聞き出そうと凄く事細かに質問してるのが丸わかり」「不安を煽るような質問ばっかでうざったらしい」といった批判的な声が集まってしまっていた。

 「『ミヤネ屋』といえば、11日の放送でも70代の乗客の男性と電話し、宮根が食事に対する質問をしたものの、男性が『薬も届けてもらった。食事はおいしい。量が多くて食べきれないくらい』と答え、宮根が眉根を寄せていた表情がネット上で話題に。その際も『悲惨な状況って報道したいのに真逆のこと言われて困ってる』といった揶揄が聞かれました。ネガティブな目線での質問が目立ち、今回も呆れ声を呼んでしまったようです」(芸能ライター)

 新型コロナの報道でも視聴者からの不満を買い続けている『ミヤネ屋』。ズレた報道でまたも失笑されてしまったようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ