search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 『3時のヒロイン』おススメ“海外ドラマ”を紹介「序盤から引き込まれた」

『3時のヒロイン』おススメ“海外ドラマ”を紹介「序盤から引き込まれた」

pic pic

提供:週刊実話

 2月10日、都内で『J:COM×AXN 海外ドラマ×スーパー!ドラマTV present「バレンタイン 海外ドラマ イケメン祭り」』が開催され、女性お笑いトリオ『3時のヒロイン』のゆめっち、福田麻貴、かなでが登壇した。

 昨年末に開かれた『女芸人ナンバーワン決定戦 THE W 2019』でチャンピオンとなった3人。優勝後の反響について「環境が変わった。オーディエンスがすごいです。前は素通りされていました」と答えた。

YouTubeに投稿している『海外ドラマあるある』が100万再生を突破したことについて問われると、福田は「アメリカっぽいと思って。今までは、『W』も準決勝敗退などしていて、売れたいのでバズる目的で作りました」とコメント。見事に狙い通りになったことを明かした。

 イベントにちなんで、おススメドラマを聞かれると、福田は『インスティンクト』を挙げ、「序盤から引き込まれ、怖いのかと思ったら、ポップで教授と女デカのコメディー要素など、止まらなくなっちゃう」と絶賛。

ゆめっちはジェシー・スペンサーが主演を務める『シカゴ・ファイアー』をチョイスし、「2大イケメンがね。アクションが本格的でハラハラドキドキしている。メチャクチャかっこいい」と熱弁。

 かなでは『ナイト・マネージャー』で、「主人公の彼がイケメン。夜間のホテルマンで、冷静で彼がお偉いさんの愛人と関係を持っちゃう。冷静に見えて、『あなたの中にはいろいろなあなたがいるの?』その冷静なのがね…。たまらなかった。続きが見たくなるような、規模も大きく、サスペンスで見てほしい」と紹介した。

 それぞれ「海外ドラマ」にハマりだした時期は、「小さいころから」(ゆめっち)、「大学生になってから」(福田)、「芸人になってから」(かなで)と答えた3人。いいところについて、福田は「字幕でも面白いんですが、文字数が少なくて伝えきれなくて、吹替で見るのが好き。アメリカ人独特の国民性が好き」、かなでは「太った人が1人はいる。絶対に踊り狂う太った人がいる」と回答。ゆめっちも「私は海外に行ったらガリガリだと思う。もてちゃう。海外に行きたい。もてちゃう」と、おデブの活躍に注目しているようだった。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ