search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 破局後の初主演連ドラに再起をかける石原さとみ、最強布陣でヒット確実か?

破局後の初主演連ドラに再起をかける石原さとみ、最強布陣でヒット確実か?

pic pic

石原さとみ

 女優・石原さとみが、4月スタートのフジテレビ系ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」に主演することを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると、同ドラマは、「月刊コミックゼノン」に連載中の同名コミックが原作で、脚本は木村拓哉が主演した昨年10月期のTBS系ドラマ「グランメゾン東京」の黒岩勉氏が担当。

 物語の主人公は、お団子ヘアがチャームポイントのキャリア8年目の病院薬剤師・葵みどり。「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある」という信念を持ち、患者に深入りしてしまいながらも、調剤、製剤に奮闘する姿とともに、病院薬剤師たちの知られざる舞台裏を描くという。

 石原といえば、いずれも主演作の連続ドラマで、18年7月期の「高嶺の花」(日本テレビ系)、昨年7月期の「Heaven?~ご苦楽レストラン~」が全話平均視聴率1ケタ(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と振るわず、放送中もあまり話題にならなかった。

 「それなりに男性ファンが多く、女性からも支持されてきた石原だが、18年春に、動画配信サイト・SHOWROOMの運営会社社長・前田裕二氏との交際が報じられたことが、少なからず人気に影響を与えてしまったようだ。あまりそのことを気にしていなかった事務所も本人も、予期せぬドラマの不振ぶりだったようだ」(テレビ局関係者)

 しかし、昨年7月、半年ほど前から前田氏との関係が悪化した結果、破局を迎えてしまったことが報じられた。
 「Heaven?」がスタートしてからの破局報道だったが、今回のドラマは破局後、初の主演ドラマとなった。

 「法医解剖医を演じた18年1月期のドラマ『アンナチュラル』(TBS系)は話題になった。白衣をまとう役が似合っているので、今回のドラマはそれなりに話題になるのでは」(芸能記者)

 いろんな意味で出直しのドラマとなるだけに、なんとしても当てたいはずだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ