search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 明暗分かれるロンブー亮と雨上がり宮迫、潜在的な好感度も影響か

明暗分かれるロンブー亮と雨上がり宮迫、潜在的な好感度も影響か

pic pic

雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮

 闇営業問題で謹慎していたロンドンブーツ1号2号の田村亮と、雨上がり決死隊の宮迫博之の双方に動きが見られている。亮は1月30日に復帰ライブを行い、その後に相方の田村淳とともに記者会見を開いた。前年の謝罪会見と打って変わって、笑顔を見せる亮に対しては、「お帰り。待っていたよ」「もう心も体も健康体だな」といった声が聞かれた。

 対して、イメージを下げてしまったのが、雨上がり決死隊の宮迫博之である。29日に謝罪動画をYouTubeチャンネルに投稿するも、「なぜ今なのか」「嘘くさい」といった批判が殺到してしまった。さらに、30日には人気YouTuberのヒカルとのコラボ動画が投稿されるも、ネット民が抱く印象は変わっていないようだ。誰からも好かれる亮に対して、宮迫をうっすらと嫌っている人間が多いように思える。両者のイメージの差はなぜ開いてしまったのだろうか。

 これにはまず、もともとのキャラクターが関係していると言える。宮迫は人をイジって笑いを取る攻めのスタイルを取っていた。いわゆるグイグイ行くタイプである。これには相手を下げるネガティブな要素が伴う。さらに、暴力的なイメージも思い起こさせる芸風が苦手という人も多いだろう。対する亮は、自身のポンコツキャラなどを全面に出し、自分を下げることで笑われる受け身のスタイルを取っていた。当然ながら謙虚に映るのは後者であろう。

 宮迫の振る舞いに関しては、1月29日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、遠野なぎこが「(宮迫の)プライドの高さが端々に感じられる」と指摘している。実際、宮迫は笑いに関して一家言のあるプライドの高い人物として知られる。若手時代に、ナインティナインらと吉本印天然素材(通称てんそ)を会社の都合で組まされ、アイドル的な売り出し方をされるのに宮迫は不満を呈し、脱退を強く望んでいたという。気持ちはわからなくもないが、堪え性のなさは、今回のスタンドプレーに通じるものもありそうだ。

 もちろん、これらの行動を「宮迫らしい男気が溢れる」と見ることもできるだろうが、現状ではそれがマイナスに映ってしまっているのではないだろうか。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ