search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「嫌悪感を抱いた人も…」桐谷健太、東出昌大の不倫騒動に言及 “頑張れば未来変わる”主演ドラマへの決意も

「嫌悪感を抱いた人も…」桐谷健太、東出昌大の不倫騒動に言及 “頑張れば未来変わる”主演ドラマへの決意も

pic pic

桐谷健太、小島瑠璃子

 俳優の桐谷健太が29日、都内で行われた「キリン のどごし<生>」のPRイベントに小島瑠璃子と出席。イベント後にテレビ朝日系連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」で共演中の東出昌大の不倫騒動について言及した。

 桐谷はイベント後、集まった報道陣に詰め寄られ、東出についてのコメントを求められたが、「僕が今言えることは、スタッフさんと皆さんで最高の作品を作ること」と神妙な面持ちでコメント。「嫌悪感を抱いたという人もいるかもしれないですけど、面白い作品は出来ていると思いますので、見ていただければ。僕の連ドラ初主演作でもありますので」と同ドラマをアピール。騒動の中も、東出とのドラマの成功を誰よりも気に掛けている様子だった。

 この日は、のどごし<生>のPRのため、節分を意識した袴姿で登場。「かみしもは初。テンション上がります。まだ感覚がつかめてなくて歩くのが難しいです。今ドラマをやっているので、日夜頑張っているスタッフさんに、のどごし<生>を飲んでいただければ」と嬉しそうな表情。

 節分の次の日に40歳を迎えることも明かし、「最初で最後の今日。それを全力で生きていく。誰かと比べて一番ではなく、自分次第でできる一番に力を入れて頑張っていきたい」と意気込み。「もうすぐ39歳も終わります。節分の次の日に40歳。そんなに40代は意識していないですけど、40歳と聞くと、おお、そうか、ここからもっとやっていこうという感じ」と前向きに40代を捉えている様子。

 40代で一番頑張りたいことについては、「そんなに先のことは考えていない。今やっているドラマの仕事をやり切るということしか考えていない。そこで頑張れば未来が変わっていくのかなって」と述べ、小島も今年の抱負について問われると、「誰かが言っていたんです。今日が今一番若い自分。毎日が若気の至り、毎日思い切ったことやっちゃえって思っています。いろんなことを前向きに。わたしは継続が苦手ですが、西川きよしさんの言うように、小さなことからコツコツとやっていきたい」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ