search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 遠足や修学旅行に行けず、九九も言えない…母親の超スパルタ教育に驚愕、ピアニスト清塚信也が壮絶な幼少期を告白

遠足や修学旅行に行けず、九九も言えない…母親の超スパルタ教育に驚愕、ピアニスト清塚信也が壮絶な幼少期を告白

pic pic

清塚信也

 1月28日に放送された『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(関西テレビ・フジテレビ系)にピアニストの清塚信也がゲスト出演。その「壮絶過ぎる過去」が視聴者の注目を集めた。

 2019年には日本人男性クラシックピアニストとして史上初の日本武道館ワンマンコンサートを実現。最近ではコンサートでのフリートークが「面白い」として、バラエティ番組にも引っ張りだこになっている。

 清塚は自身がピアニストになった理由について、「母親からの教育が全てだった」といい、幼少時の頃から母親から徹底的なスパルタ教育を受けてきたと明かした。

 清塚いわく「早朝5時から12時間の練習」「学校から帰宅すると2分でピアノに座らせられる」と、幼少期に厳しい教育を受けてきたと告白。これらは序の口で、「学校に行かずにピアノの練習をしろ!」と遠足や修学旅行にも行かせてもらえなかったといい、さらには「お前はピアニストにならないと死ぬよ!」と母親から強いプレッシャーをかけられていたという。

 義務教育を満足に受けられなかったことが災いしてか、清塚は現在も「九九の六の段以上が覚えられない」という

 このスパルタ教育について清塚は、かつて母親がピアニストを目指していたものの家庭の事情でかなわず、息子である自身に思いを託した結果、厳しいスパルタ教育を受けることになったのではないか、と懐柔している。

 この清塚の告白にネットでは「母親の話が怖すぎる」「自分の夢を叶えるための道具に使っている」「天才ピアニストになれてよかったけど、そうじゃなかったら悲惨だったよね……」といった声が相次いだ。

 確かに清塚の母親の教育方針は、今の倫理観に照らし合わせると確かに推奨されるものではないかもしれない。ただ、本人がピアニストとして成功し、バラエティ番組でも笑って話せているということは、ある程度、家族の間では既に解決済みのものなのだろう。

 笑えるはずのバラエティ番組で披露された清塚の怖すぎる過去話。今後もさまざまな番組で出てくる可能性ある。ただ、もう少しマイルドに話す工夫は必要かもしれない……

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ