search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 弘中綾香vs宇垣美里 1991年生まれ巨乳女子アナ超お色気下半身(2)

弘中綾香vs宇垣美里 1991年生まれ巨乳女子アナ超お色気下半身(2)

 田中みな実に弟子入り弘中“弘中語録”を続けよう。

『(元彼からのプレゼントは)ちゃんと取ってあります』
『(若林の相方、春日の浮気は)もうイジっていいんですかね』
『私、素質ありますかね。弟子になります』
『私、嫌いな人とは距離を取ってしまうタイプ』
 等々、ツンデレ発言が多い。

「弟子入り発言は、バラエティー番組で憧れの田中みな実と共演した際、出たものです。“あざとい女”の代表格・田中みな実が次々と披露する『男性を落とすテクニック』を見て、思わず弟子入りを志願したのです。ロックバンドのリーダーとの結婚説も取り沙汰されていますが、さあ、どうでしょう」(前出・女子アナウオッチャー)

 セクシー写真集を発売した田中ほどではないが、弘中アナにも“エロさ”は十分ある。
「“夢は革命家”などと言う時もありますが、女っぽさいっぱいの際どいシーンを見せつける時もあるんです」(同)

 昨年、『EXD44』という番組で、弘中アナが“音フェチに贈る動画”というテーマで、チーズ入りのホットドックをパックインするシーンが放送された。
「恍惚の表情で好物のソーセージにむしゃぶりつく弘中アナがエロかった。白いチーズが、まるで男の“エキス”のように糸を引くんです。音もエロく、まるで“フェラシーン”を再現しているように見えてしまいました」(弘中ファンの本誌デスタA)

 極上の“疑似口淫シーン”を地上波に乗せてしまった弘中アナだが、この動画には後日談があった。
「放送後、ユーチューブでこのシーンの未公開部分が流されたのですが、これも凄かった。2つのホットドックを擦り合わせて“カリカリカリッ、カリカリカリ! イヒヒ いい音〜”と言って咥え込んだんです。でも、彼女はチーズの伸びがイマイチだったのが不満なようで、レンジでチンしてから再び食べ直した。よっぽど、糸を引くシーンを見せたかったのだと思います」(同)

 また、自身のインスタグラムでは、『ドラえもん』のキャラクター・ドラミちゃんのコスプレを披露した弘中アナ。

「“コスプレ好き”は、TBSを辞めてフリーとなった宇垣美里によく似ていますが、一部で根強く囁かれているのが、“本当は報道志向”ということです」(テレビ局関係者)

 アナウンス室にいる時、一般紙や経済誌をよく読んでいるという。
「目指すは、局の大先輩・小宮悦子というんです。今春、アッと驚く人事異動があるかもしれません」(前出・テレビ朝日関係者)
(明日に続く)

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ