search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 出し惜しみなし 紀香エロすぎ

出し惜しみなし 紀香エロすぎ

 今年3月、お笑いタレントの陣内智則と離婚した藤原紀香(38)が、ここにきてひと皮むけたと評判になっている。ますます大人の女の魅力を振りまく紀香がエロスの女王となる日は近い。

 「週刊誌のグラビアなどでセクシーポーズを見せるなどして、大人の女を意識させる活動が多くなってきています」(芸能ライター)
 そのことをよく物語っていたのが、先日行われたミュージカル「キャバレー」(来年1月7〜29日まで、東京・日生劇場)の製作発表会だった。
 「この作品は1966年にアメリカ・ブロードウェイで初演され、ライザ・ミネリを一気にスターに押し上げた作品です。1920年代のベルリンの場末のキャバレーを舞台に、しがないショーガールと売れない作家の恋物語を描いたもので、そのショーガールを紀香が演じるのです」(同)
 紀香は製作発表会で、「夢のようなぜいたくな役。見る人の視覚も聴覚もブルブル震わせる舞台にしたい」と抱負を語ったが、何より報道陣が目を奪われたのは紀香の超セクシーな舞台衣装だった。
 「劇中での役柄そのままに金髪に深紅の口紅。そして迫力のあるバストを強調した悩殺ドレスは“和製マリリン・モンロー”を思わせました。ブルブル震えていたのは彼女のバストでした」(芸能リポーター)

 紀香のミュージカルでの主演は、今年1月の「ドロウジー・シャペロン」以来で2回目だ。
 「前回は180度回脚の挑戦が話題となりました。もともと彼女は体が硬くて、前屈しても手が床に届かなかったほどでした」(同)
 そこで紀香はストレッチと加圧トレーニングで体を絞り、最後は力士の必須トレーニングでもある股割りをして、柔軟性をつけたという。
 「彼女は、食べたら太りやすく、飲んだらむくみやすい体質なので、毎日のストレッチは欠かせません。特に、夜、“日本酒風呂”に入った後のストレッチは、180度回脚も含めて入念にやっているようです。これで、体重も9キロ以上、体脂肪も20%弱にまで落としたというのですからたいしたものです」(同)
 ますます女に磨きのかかった紀香の“次の男”にも注目だ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ