search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 放送終了すべき理由があった『テラスハウス』

放送終了すべき理由があった『テラスハウス』

 男女6人の共同生活を追った、若者を中心に人気のリアリティーショー「テラスハウス」(フジテレビ)が9月いっぱいで放送を終了することが、11日放送の同番組で突如発表された。

 同日放送の番組の最後に「テラスハウスは2014年の9月をもって終了します」とテロップで表示され、番組の公式ツイッターでも「テラスハウスの放送は9月末までです」と告知された。

 同番組は12年10月に毎週金曜日の放送でスタート。番組開始当初はAKB48の北原里英が参加して話題を呼んだ。番組出演をきっかけに、モデルの今井華、グラビアアイドルの筧美和子、歌手のchayらがブレーク。13年10月からは毎週月曜日の放送になると、視聴率が上昇し今年3月31日放送回では番組最高視聴率となる9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。その人気もあり、今年4月からは、スポンサーがトヨタ自動車の1社提供から複数社提供となり、7月21日からは男女1人ずつの新メンバーが加入していた。

 軒並み番組の視聴率が低迷する中、このままだと“ドル箱”に成長しそうな勢いだったが、徐々にその暗部が暴露されることとなってしまった。

 「番組の見所は、メンバー同士の恋愛がどう発展するかだったが、『フラッシュ』(光文社)はその恋愛が“やらせ”でキスや告白をすると“ボーナス”がもらえることなどを徹底的に暴いた。さらに、『週刊文春』(文芸春秋)ではフジが同番組の制作を制作会社に丸投げ。現場のトップがメンバーに対してパワハラ・セクハラ三昧でやらせが日常茶飯事であることも報じられていた。そういう事態を招いただけに、さすがに、フジも見過ごしておくわけにはいかなかったのだろう」(芸能記者)

 ネット上にはファンから終了を惜しむ声が続々と寄せられている。昨年、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」が終了した際には“あまロス”なる言葉が生まれたが、今後は“テラロス”の若者が増えそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ