search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの地方競馬セレクション(4/4)「第21回クラウンカップ(SIII)」(川崎)

ハッシーの地方競馬セレクション(4/4)「第21回クラウンカップ(SIII)」(川崎)

pic pic

イラスト

 復活ならず・・・。先週大井競馬場でおこなわれた「第41回京浜盃(SII)」。本命に推した伊勢谷友介のような肉体美を持つハセノパイロは、スタートでやや反応が遅れた上に、大飛びのため置かれかけたが、行き脚が付くと挽回し、4番手内の位置を取る。3コーナーまでは良い流れで来ており、3,4コーナー中間からすんなり外へ出して追い出しを開始したが、そこからがじりじりとしか伸びず5着。少しずつ良化しているものの、本調子にはもう一息だったようで伸び切れませんでした。それでも徐々に良化しており、本番で巻き返す可能性は十分です。

 さて、今週は「第21回クラウンカップ(SIII)」が川崎競馬場でおこなわれます。

 このメンバーならミスマンマミーアを本命に推します。近3走は中央で芝のレースに使われ、9着→5着→9着と一見足りないようにも見えますが、9着だった3走前のアルテミスS(GIII)では、内枠だったこともあり直線馬場の悪い内を通って、勝ったラッキーライラックから0秒6差と善戦。次走葉牡丹賞では、後に京成杯(GIII)を勝つジェネラーレウーノから0秒4差。しかも上がりは最速と中央でも十分やれる力を見せました。今回は久々のダートとなりますが、ダートではまだ複勝圏を外しておらず、4走前のフローラルCでは、後に東京2歳優駿牝馬(SI)で2着となったストロングハートを破って優勝しています。クラシックを狙う中央の実力馬たちに揉まれ、本馬も力を付けてきており、このメンバーならあっさりがあってもおかしくありません。

 相手筆頭はマースインディ。前走は最後方からの競馬で、3コーナーから動いていき、最速の上がりを使って追い込むも4着まで。長く良い脚を使っており、見どころ十分の内容でした。今回は初の左回りになりますが、末脚堅実なタイプでしっかりと上位争いに食い込んでくるでしょう。

 ▲はじわじわと力を付けてきたヴオロス。

 以下、サザンヴィグラス、ムシカリまで。

◎(13)ミスマンマミーア
○(7)マースインディ
▲(5)ヴオロス
△(10)サザンヴィグラス
△(1)ムシカリ

買い目
【馬単】4点
(13)→(1)(5)(7)(10)
【3連複1頭軸流し】6点
(13)−(1)(5)(7)(10)
【3連単フォーメーション】9点
(13)→(5)(7)(10)→(1)(5)(7)(10)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ