search
とじる
トップ > 社会 > 店長は18歳の少年 ギャンブル性高い違法パチスロ店を摘発

店長は18歳の少年 ギャンブル性高い違法パチスロ店を摘発

 ギャンブル性が高いとして、国家公安委員会から使用が禁止されている「4号機」と呼ばれているパチスロ機で、客に賭博をさせていた店に捜査のメスが入った。

 警視庁保安課は、違法パチスロ店を営業し、客に賭博をさせたとして、常習賭博容疑で、店長を務める住所不定の18歳の少年を逮捕した。店で遊んでいた客の30代の男2人も、賭博容疑で逮捕された。

 少年の逮捕容疑は、10月8日、店にギャンブル性が高まるよう改造した違法パチスロ機を設置し、客に賭博をさせたとしている。

 警視庁によると、同店は東京都港区新橋の雑居ビルの一室に店を構え、ギャンブル性が高いとして、風営法で禁じられている違法パチスロ機「4号機」36台を備えていた。摘発を逃れるため、店の入り口にはカメラを設置し、客の顔を確認してから中に入れていた。また、扉は内側からしか開けることができないようになっていた。

 同店は昨年10月からの1年間で、約1億5000万円を売り上げていたとみられる。少年は今年6月から店長を任され、一人で接客や機械のメンテナンスなどの業務をこなしていた。同課は別に実質的な経営者がいるとみて捜査している。

 警察の調べに対し、少年は容疑を認めており、「飲食店を経営するための資金を稼ぎたかった」と供述している。

 店で賭博をしていたとして逮捕、釈放された客らは「ギャンブル性にひかれてやった」などと話しているという。

 それにしても、違法なパチスロ店を18歳の少年に任せるとは…。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ