search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ネット中継も解禁し、アピールしたかったのは? TOKIO・山口の会見に多くの疑問

ネット中継も解禁し、アピールしたかったのは? TOKIO・山口の会見に多くの疑問

pic pic

画像はイメージです

 女子高生を自宅に招き無理矢理キスをするなどしたとして、強制わいせつ容疑で書類送検されたことが発覚した、ジャニーズ事務所の人気グループ・TOKIOの山口達也が26日、都内のホテルで会見。芸能活動を無期限謹慎することを発表した。

 会見の模様は民放キー局が生中継したばかりではなく、インターネットテレビ局・AbemaTVでも生中継された。

 「以前ならネット中継など考えられなかったが、山口の“反省ぶり”を天下にアピールするチャンスだと思い、ジャニーズ事務所もネット中継を許したと思われる」(ワイドショー関係者)

 山口はTOKIOのメンバーの名前を一人一人挙げ、「もし待ってくれている場所、私の席がそこにあるならば、またTOKIOとしてやっていけたら…。本当にすみません」とメンバーに涙ながらに謝罪したが、結局、会見で“核心”に触れることはなかった。

 「ジャニーズ事務所の顧問弁護士が同席し、捜査に関わるような質問はすべてシャットアウトしてしまった。山口は涙で謝罪するばかり。“美談”仕立てになってしまった」(会見を取材した記者)

 そもそも、ジャニーズの対応について各方面から疑問の声が上がっている。

 「ジャニーズ事務所はやたらと無理矢理キスをしたことを強調している。しかし、常識的に考えて、キスをしたぐらいで警察が被害届を受理するとは思えない。おそらく、もっと悪質な行為があったと思われるが、ジャニーズ事務所の総力を懸けて“不都合な真実”を隠蔽したのでは。被害者と示談が成立し、たっぷり和解金も支払っていると思われるので、それが明らかになることはなさそうだ」(全国紙社会部記者)

 いずれにせよ、山口にとっては最小限のダメージで済んだようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ