田中正直のウェブランニングクリニック 「第40回 5kmタイム測定」

スポーツ 2010年08月26日 12時30分

田中正直のウェブランニングクリニック 「第40回 5kmタイム測定」

 今回は、ご自分の実力を知り練習メニューを立てていく方法をご紹介します。ビギナーの方向けの内容です。

 60分間を苦もなく走れた方は、ジョギングだけではなく、ペース走やインターバル・トレーニングが効果的です。ここから先は自分のレベルに応じて、トレーニングメニューを組むことが大切になってきます。そこで、『現在の自分』の実力を知るために、5kmのタイム測定に挑戦しましょう! 公園や、競技場など場所はどこでも構いません。

 怪我などしないように、15分〜20分くらいジョギングをして入念なウォーミングアップ後に、いまの自分にとって限界と思われるペース(スピード)で走ってみます。5kmを『何分』で走れたか、そのタイムを基準にして、それを目安に練習メニューを組んでいきます。

 5kmを何分以内で走れたか?それによって練習内容が変わってきます。基準となるタイムは次の通りです。

(1)24分以内で走れた
(2)28分以内で走れた
(3)28分以上かかった

 まず(1)の24分以内で走れた方は、上級コースの練習をおすすめします。このレベルの方は2週間で150kmくらい走りこむことが大切です。
《練習例》2週間で150km走る。20km走とインターバル走を週に1度ずつ入れる。

 (2)の28分以内で走れたという方は、毎日10kmランを行い、週1回のインターバルトレーニングをしてみて下さい。
《練習例》普段は10kmランニング。週1回、インターバル走。

 (3)の28分以上かかった方は、(2)と同様に10km走を毎日行い、その途中で500mぐらいスピードをあげて走ってみて下さい。
《練習例》60分間走(10km)。
 ※途中の500mくらいスピードをあげる(1回〜3回)

 これらはあくまで目安のひとつですが、大切なことは時々この5kmのタイムトライアルを行うことです。そして、自分のレベルを把握して、練習メニューを立てていくことです。

 ポイントトレーニング
【インターバル・トレーニング】
 速いスピードで走り、休息を挟み数本繰り返す。走る距離や本数などを変えることで、バリエーションに富んだトレーニングが出来ます。心肺機能の強化や脳に速い動きを習得させるのに効果的。
(例)200×5〜10本、1km×5本、5km×3本など。

【ビルドアップ】
 ゆっくり走り出し、徐々にペースをあげていく。走る距離やペースアップのタイミングを変えて行うことで更に効果アップ。持久力を強化できます。
(例)15kmビルドアップ(5kmごとにペースアップ 25分・24分・23分/5km)
 12kmビルドアップ(1kmごとに5秒ペースアップ)など。

 なかなか一人で出来ない方は、レースなどを使い計測してみましょう。
 Air Run TOKYOでは、月に2回ほど皇居で大会を開催しています。

【Air Run TOKYO】ランニングクラブの練習会を体験してみたい方は、リアルライブ見たで無料体験できます。参加希望の方は、(airrun@pss1.jp)にメール下さい。
 詳細は、【Air Run TOKYO】公式サイト(http://airruntokyo.syncl.jp/)をご覧下さい。

 【Air Run TOKYO】監修・ランニングアカデミー
 第41回は、『カラダのケア』

写真:5kmのレースです

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る