「辞めるなら今日の午後辞めな」伊集院光、落語家時代の思い出で桂歌丸を追悼

芸能ニュース 2018年07月03日 12時00分

「辞めるなら今日の午後辞めな」伊集院光、落語家時代の思い出で桂歌丸を追悼伊集院光

 7月2日にTBSラジオで放送された『伊集院光深夜の馬鹿力』で、タレントの伊集院光が同日11時に亡くなった落語家の桂歌丸さんの思い出を語り、故人を偲んだ。

 伊集院は番組冒頭、歌丸さんの訃報について触れ、「ショックはショックだけどある程度の覚悟はできていた」と語り、話は2年前、2016年に行われた六代目三遊亭円楽と歌丸さんが出演する落語会へ行った時のエピソードへ。その時、既に歌丸さんは肺の病に侵されており、公演がはじまる直前まで酸素チューブで呼吸を行い、一席語り終わった後は再びチューブを鼻に入れて高座を降りる歌丸さんの姿に「鬼気迫るものを感じた」と語っていた。

 伊集院はかつては円楽に入門していた元落語家で、新人時代に歌丸さんから言われた強烈な一言を未だ覚えているという。円楽(当時・三遊亭楽太郎)に連れられ、はじめて日本テレビ系『笑点』の現場へ行った伊集院は「こんど楽太郎のところへ入りました三遊亭楽大(伊集院の高座名)と申します。よろしくお願いします」と挨拶したところ、歌丸さんは新人時代の伊集院に対し、「兄ちゃん。辞めるなら今日の午後辞めな。やるなら一生やんなさい」と語りかけたという。これは歌丸さんいわく、「生半可な気持ちでやるなよ」という意味合いが込められおり、歌丸さんは伊集院を含む多くの若手芸人にこの言葉を語りかけていたという。

 また、歌丸さんは後年、伊集院のラジオ番組にゲストした際にも、上記のアドバイスはよく覚えていたほか、また、「笑点を卒業した後は何をやるのか」という伊集院の質問に対しては、「落語しかない。まだまだ演じてみたい話はたくさんある」と強く語ったほか、意外な趣味として「化石集めに凝っている」というエピソードを話していた。

 伊集院は「辞めるなら今日の午後辞めな」との教えを受けた歌丸さんに対し、「結果、自分は中途半端な時期に辞めてしまったこともあって、そう言ってくれた人が死んじゃったんだなぁと」と自分の青春時代の思い出を振り返っていた。

ピックアップ

水野真紀に出馬説が浮上? 夫の結婚詐欺疑惑報道で支援者から要請の可能性
2018年11月15日 22時00分 [芸能ニュース]

芸能ニュース新着記事

BTSに続き、今度はTWICEが問題Tシャツ着用? 出演したCMに原爆イラスト疑惑も
2018年11月15日 18時00分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る