2012年頃人類滅亡か

ミステリー 2008年07月10日 15時00分

 今や、再び人類滅亡が大ブームとなっている。いくつもの予言が2012年前後に人類滅亡すると断言しているのだ。あのジュセリーノ以外にも多くの予言者や予言書が人類の滅亡をうたっているので紹介したい。

 前世やヒーリングなどを好むスピリチュアルな人々の間では、2012年に地球を含む太陽系そのものがフォトンベルトというエネルギー光子の集合体に、突入するとされている。
 これは電子レンジのようなもので、この中では生物は肉体を維持できなくなり、霊性の低い人間は死滅し、高い人間のみが次元が上昇し“肉体を必要としない超人類”に進化すると言われている。
 ドラゴンボールの「スーパーサイヤ人」並の話で、かなりぶっ飛んでいるが、芸能界や実業界の著名な人々がこれを信じているという。
 このフォトンベルトへの突入は1万年に1回定期的にやってくる。前回の1万年前突入では、ムー大陸・アトランティス大陸・レムリア大陸が滅びたとされている。
 ニューエイジの流れを汲むスピリチュアルらしいが、荒唐無稽すぎるだろう。
 さらに、最近話題なのはマヤ文明の予言。残された文書の解読が進むマヤ文明だが、多くの予言の存在が明らかになっている。マヤの預言者たちは、時代とは「太陽が生まれ、老いて、やがて死を迎える」というひとつのローテーションであると認識し、過去に5つ太陽の時代を予言しているという。
 だが、現在我々が生きている第五の太陽の時代が最後の時代であり、それ以降は人類の時代が終わるとされる。マヤの大周期で言うと5125年、現在の我々が使用している暦に換算すると2012年12月22日で、マヤの暦が終わっている。この日に全人類は滅亡するので、これ以降の暦は必要ない。この予言は人類滅亡ではなく、マヤ文明・遺跡の崩壊という意味ではないだろうか。現在、環境破壊もありマヤの遺跡はまさに壊滅の危機にあるのだ。
 明治から昭和にかけて活躍した日本が誇る予言者・出口王仁三郎も、人類の大洗濯(人類滅亡)が起きると予言。王仁三郎が作った「続・瑞能神歌」には、核攻撃により日本の人口が1億人から、3500万人にまで激減するとされている。
「黄泉比良坂の戦い」とは、王仁三郎流のハルマゲドンの言い廻しだが、その時期は「子の歳真ん中にして、前後10年が正念場」と解釈されている。子の歳とは、2008年であるから、今年から2018年まで油断できないと言える。
 しかし、王仁三郎は破滅的な予言とは言っておらず、むしろ、大難を小難にできるとさえ言っている。

ピックアップ
デビュー20年の倉木麻衣、あのパクリ騒動は解決済?

デビュー20年の倉木麻衣、あのパクリ騒動は解決済?
2019年08月24日 14時00分 [芸能ニュース]

ミステリー新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る