あの大物芸人が紅白の司会を狙う?

芸能ニュース 2010年07月08日 15時00分

あの大物芸人が紅白の司会を狙う?

 年末恒例のビッグイベント、NHK紅白歌合戦。そこで司会を務めることは、芸能人の最高の名誉といえるだろう。2008年と2009年は仲間由紀恵と中居正広がつとめた。

 中居と仲間が司会に抜擢された要因は何なのか?
 「まず第一にNHKと良好な関係があること。仲間は大河ドラマで久々のヒットとなった『功名が辻』で主演をつとめている。この功績は今でもきいていますね。それに極端にスキャンダルが少ないのも上層部のお気に入りになった要因」と語るのは芸能プロ関係者。一方、中居については「無難に司会ができる。紅白はあれだけの長丁場で全メニューを消化しなければいけない。おしゃべりだったり極度の目立ちがり屋だったりする人にはムリ。中居はそのあたりの心配がないので評価が高い」とのこと。

 気になるのが今年の紅白の司会者だが、実は一番不向きと思われるある大物芸人が、その座を狙っているという情報がある。「島田紳助が最近、音楽活動に積極的なのは自身の紅白司会者への意気込みと関係があるのではないかとのウワサがあります。苦心して育てた『新撰組リアン』が初出場、その時の司会が紳助、彼らの登場に一粒の涙を流す。そんな場面を勝手に想像しているんじゃないですかね」(芸能ライター)。

 現在の芸能界で大きな力を持つ紳助、紅白の司会であったとしても、その気になれば簡単に手に入れることができるのでは? しかし、現実はそう甘くはないという。「まず素行で過去に事件を起こしている。これはNHK的には絶対無理。そのあたりを理解している紳助は挽回しなければと、某番組でチャリティーみたいなことをやっていますが、あまり意味はないでしょう」。また、「『新撰組リアン』は、あれだけ紳助パワーで露出しているのにまったくブレイクの兆しがない。一緒に出演なんてまず無理」。

 また、業界内からも紳助にあまりプラスにならないとの声も。「これだけガチガチのプログラムの中で司会をやらされるのは司会者としてはつまらないはず。あるのは“名誉”だけ。芸人なら紅白の司会なんかより、裏番組で紅白を倒すような番組をつくってほしい。それでもやりたいというなら、どうしても“名誉”が欲しいということなのかもしれないですが…」(芸能プロ関係者)とも。

 果たして、島田紳助はどうしても欲しい名誉を手に入れることができるのか…。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る