search
とじる
トップ > レジャー > 「先輩に勝つ後輩に期待」 エプソムカップ 藤川京子の今日この頃

「先輩に勝つ後輩に期待」 エプソムカップ 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 今年の全出走馬好走平均距離に近いのは、17年のレースですが少し開きがあるので、上がり重視のフォーキャスト関数だと15年のレースも参考にしながら予想をしようと思います。

 両方の上位に入っているのはサーブルオール、スマートオーディン、アデイインザライフ、バーディーイーグルで、この4頭が濃厚のようです。しかし、スマートオーディンは、2年振りの出走なので不安要素が大きいですが、楽しみでもあります。マカヒキと同世代で、前走はダービー6着です。2年間はただ休んでいたわけではなく、復帰に向けての練習を積み重ねてきたのですから、期待出来ないわけではないと思います。

 グリュイエールも2年間のブランクがありましたが、前走は府中ステークスで見事に勝ちました。一見はサーブルオールが良さそうだと思います。連勝していますし調子が良い事が伺えますが、走破タイムの持ち時計が不安な部分ですが上がりタイム実績は1番です。鞍上もC.ルメール騎手で頼もしいです。

他に気になるのは、ダイワキャグニーで、東京では8戦中6戦が馬券に絡んでいて走破タイム実績が輝いていますので、この馬が1番熱い気がします。

 このレースの傾向だと、新潟大賞典組もセオリーに入っていますが、今回はマイネルフロスト以外は斤量が上がっているので切ります。
3連複10軸
5、8、9、7、16、14

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ