search
とじる
トップ > 芸能ニュース > eスポーツ大会の賞金500万円、優勝者によって減額の10万円に? ネットから批判が噴出したワケ

eスポーツ大会の賞金500万円、優勝者によって減額の10万円に? ネットから批判が噴出したワケ

pic pic

画像はイメージです

 14日、15日に幕張メッセで行われた「東京ゲームショウ2019」にて開催された『ストリートファイター5』カプコン公式大会「CAPCOM Pro Tour 2019 アジアプレミア」についての騒動が、いまだ尾を引いている。

 問題となったのは、大会優勝の優勝賞金500万円が取り消されたことについて。本大会は『ストリートファイター5』のメーカーであるカプコンが賞金を出しているが、大会要項には日本eスポーツ連合(JeSU)が発行しているプロライセンスを保持していない場合、賞金が上限額の10万円に留まることが記されていた。そんな中、優勝したのは、プロライセンスを受け取る資格があるにも関わらず、17年にライセンスを辞退していたプレイヤー。そのため、優勝者によると、賞品は副賞である39800円相当のゲーミングモニターと、差額の60200円で、合計10万円相当となったという。

 大会要項には記載されていたものの、この出来事にネットからは、「日本のeスポーツ後進国を煽ってるのJeSUじゃん」「選手は10万って分かってて出たならいいけど、そこから引いて6万にするってどうなのよ?」「そもそもJeSU通さなくても景品法には引っ掛からないんだから賞金出すべき」とあらためて批判が起きる事態となっていた。

 「もともと、日本のeスポーツの大会では、『景品表示法』などの観点から賞金10万円が限度と言われていましたが、賞金を『仕事の報酬』として選手に受け取らせるためにJeSUがプロライセンスを発行し、環境を整え、法規制から外していたという背景がありました。しかし、12日に行われた『2019年度JeSU活動報告&発表会』の中で、JeSUが改めて消費者庁に確認を取ったところ、『仕事の報酬等の提供と認められる場合には、景品表示法に違反しない』という回答を得たといい、プロライセンスの有無が関係なくなることに。今回の大会はそれが判明した直後ということで、より物議を醸してしまったようです」(芸能ライター)

 批判が起こる中、17日にJeSU東京支部事務局長という人物がツイッターで「そもそも今回はただタイミングが悪かったのもあるけど、判断下してるのはカプコンなんだからJeSUがどうこうなのはちょっと違うと思うよ」と、賞金を管理しているのはあくまでスポンサーであるカプコンであり、JeSUは関係ないとツイート。これにより、さらに「プロライセンスで管理してたのはJeSUでしょ…」「JeSUの理事にカプコンの社長いるのになに言ってるの?」という声も上がっている。

 泥沼になってしまったeスポーツ騒動。果たして決着は着くのだろうか――。

記事内の引用について
JeSU東京支部事務局長ツイッターより https://twitter.com/yukachinfl(当該ツイートは削除)

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ