search
とじる
トップ > アイドル > 欅坂46 ナチスドイツ衣装問題でレコード会社が謝罪

欅坂46 ナチスドイツ衣装問題でレコード会社が謝罪

 アイドルグループ、欅坂46が着た衣装がナチス・ドイツの衣装に酷似していることが海外メディアに報じられるなどして問題になっていることについて、所属レコード会社のソニーミュージックが公式HPで謝罪した。同HPには以下の謝罪文が掲載されている。

【10月22日に開催されましたハロウィンイベントにおいて、欅坂46が着用した衣装について、「ナチスドイツの軍服がモチーフではないか」とのお問い合わせ・ご指摘をいただいております。私どもの認識不足により、衣装の色やその他を含む全体のデザインが、そのようなイメージを想起させる部分があり、ご不快な思いをさせてしまったことに対し、心よりお詫び申し上げます。また、当該の衣装に関しては、今後一切着用いたしません。今回のご指摘を真摯に受け止め、再発防止に努めてまいります。多くのみなさまにご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、重ねてお詫び申し上げます】

 今回、欅坂46の衣装について、ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」は、「この不適切かつ深刻に侮辱的な呈示に対して、ソニー・ミュージックとグループのプロデューサー秋元康に謝罪を求める」との声明を出している。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ