search
とじる
トップ > アイドル > 芸能界引退の“嗣永プロ”は各方面から大絶賛されたアイドルだった!

芸能界引退の“嗣永プロ”は各方面から大絶賛されたアイドルだった!

 カントリー・ガールズの結成2周年記念ライブで、“ももち”こと嗣永桃子が来年6月30日で、グループおよびハロー!プロジェクトから卒業、また芸能界も引退することを発表した。嗣永桃子は、「Berryz工房」が15年3月に無期限活動停止した後に、カントリー・ガールズで「プレイングマネジャー」として活動していたが、約2週間前にメンバーには卒業の意志を伝えていたという。そんな嗣永は各方面から絶賛されるアイドルであった。

 同じくハロー!プロジェクトである里田まいは、今回の引退発表を受けて、「どんな事にも真摯に取り組み、努力し、アイドルとしての自分を全うする彼女のプロフェッショナルな姿に、私は彼女より8歳も年上ですが学ぶ事は多く、いつも尊敬していました」とコメント。大絶賛している。

 完璧なアイドル、時には、うざいくらいの“ぶりっこ”キャラを演じ切る嗣永は、ファンからの評価も非常の高かった。決して“アイドル”の仮面をとらない彼女であったが、それはバラエティ番組の“ネタ”としてだけではない。振り付け師からは、「(気安く)ももちなんて呼べない」と語られたこともあった。踊り、歌、パフォーマンスとアイドルとしては非常に高い実力を持っていたことは、テレビ番組だけで彼女を見ている方にはあまり知られていないことかもしれない。もちろん、スキャンダルなど皆無。そんな彼女はファンだけでなく同僚のアイドルたちからも、“嗣永プロ”と呼ばれるようになった。

 バラエティ番組で活躍することも多かった嗣永だが、過去に番組内で、極楽とんぼの加藤浩次から引きずりまわされたことがある。当時、嗣永は決してバラエティ番組に頻繁に出演するようなアイドルではなかった。ただ、彼女の振る舞いを後に、ラジオ番組で振り返った加藤は、「あいつのすごいところは、普通、怖がるじゃん。番組終わった後に、“ありがとうございました!”って。そこで“ありがとうございました”って、これは、“私、いじってもらってうれしいんだ”ってとこになっちゃってるんですよ。そこがわかっているから、この子はたいしたタマだなって。他の子じゃ無理」とコメントしていた。

 また、10歳からアイドルとして活動を続けてきた彼女だが、大学まで卒業。幼稚園と小学校教育に関わる教育職員免許状を取得。卒業論文のテーマは「障害を持つ人々による意志伝達問題について」。当時はテレビ番組出演などがピークの頃で、多忙な芸能活動と学業の両立はまさに、“鉄人”の領域だ。

 アイドルとして“プロ”を全うした嗣永桃子。彼女であれば、次のステージでも“プロ”として活躍することは間違いないだろう。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ