妻夫木演じる「のび太」がCMで大反響! 『ドラえもん』の実写化計画は1972年からはじまっていた?

芸能ニュース 2011年11月11日 15時30分

妻夫木演じる「のび太」がCMで大反響! 『ドラえもん』の実写化計画は1972年からはじまっていた?

 国民的漫画『ドラえもん』がテレビCMで実写化され話題を呼んでいる。

 このCMは20年後のドラえもんの世界を描いており、野比のび太役を妻夫木聡、ジャイアン役を小川直也が務めている。イケメン俳優として一定の地位を築いた妻夫木だけに、のび太役は似合わないのでは? と不安視されていたが、ネットでは意外にも好評なようで「早く次回作が見たい!」という声もあがっている。

 さて、こうなってくると主人公である「ドラえもん」がどうやって実写化されるのか気になっている人も多いことだろう。かつてドラえもんはCGキャラクターとして『徹子の部屋』に登場していた過去はあるものの、実写の人物として出演するとなればこれは史上初である。

 ただ、実は『ドラえもん』にはアニメになる数年前、なんと本当に実写ドラマにする企画があったという。

 この企画を立ち上げたのは株式会社ピー・プロダクション。『マグマ大使』『スペクトルマン』などの実写ヒーローものを多数製作してきた特撮映像プロ。実写『ドラえもん』の企画が立ち上がったのは1972年。ドラえもんの映像企画としては一番早かったと思われ、持ち込まれたのはテレビ朝日では無くフジテレビだった。

 今、考えるとなかなかのトンデモ企画に聞こえるが、原作者である藤子不二雄の両人は異様にノリノリだったようで実際に着ぐるみの雛型も製作されていたという。残念ながら、この企画は日の目を見る事が無かったが、企画書はいまだに現存しておりファンの間では伝説のエピソードとして語り継がれている。

 考えてみれば、60〜70年代は子供向け特撮ドラマの全盛。『丸出だめ夫』や『鉄人28号』など様々な漫画が実写化されてきた。これは藤子不二雄作品も同様で香取慎吾が演じる30年以上前、『忍者ハットリくん』が実写されていた。ちなみこの『実写ハットリくん』は大人の俳優がそのままハットリの面を被ったかなりインパクトのある作品で、当時見ていた子供達に大きなトラウマを植え付けた。

 昔から「子供漫画の実写化は当たらない」と映像業界でも言われていたが、近年では『妖怪人間べム』のドラマが着ぐるみやキャストのハマり具合で評価を得ており、やや傾向が変わってきたようだ。

 「実写ドラえもんCM」の登場も漫画の実写化に自信がついた力の誇示なのかもしれない。(安永由美彦)

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る