search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『27時間テレビ』の“影の主役”? 松岡修造の一人芝居に期待が集まる

『27時間テレビ』の“影の主役”? 松岡修造の一人芝居に期待が集まる

pic pic

松岡修造

 9月8日から9日にかけて放送される『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』(フジテレビ系)において、松岡修造が一人芝居を披露することがわかった。松岡は2000年から『くいしん坊!万才』のレポーターを務めている。

 『27時間テレビ』は昨年度より、これまでのお笑い路線を排し、教養路線とほぼ全編にわたっての録画放送に切り替えられた。そのため、お笑いファンから評判は悪いものの、松岡の出演に関しては「芝居のアイデアを自分で考案したっていうのがアツいな。これは見てみたい」「何事にも本気で取り組む姿勢は見習いたい」といった声が聞こえてくる。

「松岡修造は1998年にプロテニスプレイヤーを引退すると、スポーツコメンテーターとしてテレビ出演をはじめます。熱血漢なキャラクターが注目され、その活躍はテニス解説だけにとどまらず、スポーツ全般のほか『小学生クラス対抗30人31脚』(テレビ朝日系)の2008年と2009年大会では大会委員長も務めました」(芸能ライター)

 さらに、その度を超えた暑苦しさを現すギャル用語として「修造しい」なるフレーズも誕生したほどだ。このほかにも松岡はさまざまな都市伝説も残している。

 「スポーツキャスターとして参加した2010年のカナダのバンクーバー冬季五輪では、大会の途中で気温が上昇し、終盤には深刻な雪不足が問題となりました。松岡のアツさで雪が融けてしまったのではとも言われましたね。次の2014年のロシアのソチで行われた冬季五輪では、松岡のいない東京が大雪に見舞われました。やはり何かを残す男なのかもしれません」(前出・同)

 今年の『27時間テレビ』において、松岡は9日の朝と昼に出演するほか、8日から各時間帯ごとに全27個の食に関する名言を披露するミニコーナーも設けられた。注目度も高いだけに、ある意味では『27時間テレビ』の“影の主役”ともなりそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ