search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 有村藍里“初のフォトエッセイ”で赤裸々告白「一番読んでほしい人は…」

有村藍里“初のフォトエッセイ”で赤裸々告白「一番読んでほしい人は…」

pic pic

提供:週刊実話

 9月14日、タレントの有村藍里が都内でファーストフォトエッセイ「1mmでも可愛くなりたい。」の発売記念サイン会を行った。

 同書は、引きこもりがちだった思春期、デビューして苦悩する日々、事務所独立、改名、美容整形の決断など、有村が自身の「これまで」と「これから」をすべて語り尽くした、一歩を踏み出す勇気が詰まった内容となっている。

 出版にあたり、有村は「“私なんかが。出していいんですか”という気持ち。私のことなんて書いて皆さんが読んでくださるというのが想像できません」と謙遜しきり。また、タイトルにも入っている“可愛くなりたい”について聞かれると、「コンプレックスがあって笑えなかったんです。『可愛くなりたい』は笑顔だと思います」と明かした。

 整形手術では、特に口元を大きく変えたのだが、これについては、「すごく褒めていただくことが多く、口紅を塗ることが楽しいです」と、かなりポジティブな影響があったよう。「見た目もそうですが、中身も変わったと思います。どうしても気になると気になって、暗くなって…。コンプレックスが解消され前向きになれたことだと思います」と、その効果を話した。

 このエッセイを一番読んでほしい人は、自分と同じようにコンプレックスを抱え、何かに一歩踏み出せなくて躊躇している人だという。ちなみに、一番気に入っているカットは、クリームソーダを飲んでいるレトロな写真だそうだ。

 有村といえば、妹の有村架純と仲が良いことで知られるが、エッセイに対する家族の反応について聞かれると、「本を書いていることも言っていませんでした。まだ渡してなくって、母からも『早く送って』と言われています」とのことだ。

 今後の活躍をますます期待したい。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ