search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 吉本興業、「文春」を敵に回すと危険? 闇営業より大変な文春砲が来るか

吉本興業、「文春」を敵に回すと危険? 闇営業より大変な文春砲が来るか

pic pic

EXIT・兼近大樹

 チャラ男キャラで人気のお笑いコンビ・EXITの兼近大樹が、2011年に売春斡旋で逮捕されていたことを5日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じたことについて、吉本興業は同日早朝、公式サイトを更新し見解を発表した。

 同サイトでは、「弊社所属タレントに限らず、ある者が刑事事件につき被疑者となり又は有罪判決を受けたという事実は、その名誉又は信用に直接関わる事項として、プライバシー権・名誉権による憲法上の保護を受けることが裁判例上確立しています」などと抗議文を掲載した趣旨を説明した。

 記事の掲載前、吉本は「週刊文春」の発行元である「株式会社文藝春秋社」に対し抗議したというが、考慮することなく掲載されたとして、「文藝春秋社に対し本件記事を掲載した行為について強く抗議するとともに、民事・刑事上の法的措置についても検討して参る所存です」との強硬な態度で臨むことを表明した。

 「同誌の直撃に対し、兼近は逮捕歴の事実を公表しようとしていたものの、吉本から口止めされていたことを暴露した。逮捕歴を公表していればEXITがここまでブレークしていたかどうかは微妙。しかし、報道で逮捕歴が明らかになったからには仕事の数は減りそう。吉本としては、記事によって受けた損害賠償を求め民事で提訴するのでは」(テレビ局関係者)

 吉本といえば、闇営業騒動に端を発したお家騒動で大揺れとなったが、ようやく騒動も収束気味。そんな中、新たな問題が生じたが、会社としてはかなりの苦境に立たされそうだというのだ。

 「もともと闇営業問題を報じたのは『フライデー』(講談社)だが、引退した島田紳助さんを巡る報道で講談社を訴えたことなどから敵対関係だった。それに加え、今回の件で文春も敵に回すことになりそう。続々とタレントたちのスキャンダルが世に出てしまうのでは」(芸能記者)

 吉本と文春砲のバトルの行方が注目される。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ