ジャニーズ事務所、“メディア懐柔”戦略が功を奏した? 今後重要人物も退社の噂

芸能ニュース 2019年06月24日 21時00分

ジャニーズ事務所、“メディア懐柔”戦略が功を奏した? 今後重要人物も退社の噂画像はイメージです

 ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が18日、都内の病院に緊急搬送されたと伝えられているが、その件について報じたメディアはごく一部だった。

 「担当記者を配置している各スポーツ紙やテレビ各局にとってはもどかしい日々が続いている。搬送されたことは間違いないのに、広報担当の役員は『大丈夫だから』とのらりくらりとかわし、本当の容体を口にしない。“フライング”しようものなら、肝心な時に外されてしまうので、ジャニーズの“大本営発表”を待つしかない」(芸能デスク)

 ジャニーズにとっての“宿敵”であるはずの「週刊文春」(文芸春秋)のネット版「文春オンライン」は病院の様子を報じるなどしたが、ジャニーズが打ち出したある戦略のおかげで、ある程度は情報統制できているようだ。

 「今年に入り、『東スポ』、『週刊女性』など昨年まで取材NGだったメディアの門戸を開放した。そうやって懐柔することにより、今回のような有事の際、好き勝手に記事を書かれることを制御することが可能になったんです」(芸能プロ関係者)

 その反動か、出どころが不明な情報を発信するメディアもあり、そのメディアの情報が拡散してしまっているが、ジャニーズとしては先を見越した戦略が功を奏したようだ。

 「ジャニー氏は以前から健康状態が不安。87歳と高齢で、何かが起こってもおかしくない状態だった。そうなった時を見越して、ある程度、メディアを統制できる状態を整えておいたようだ」(同)

 おそらく、今後、徐々に次期社長と目される藤島ジュリー景子氏に体制が移行していくことになりそうだが、そうなった場合、状況が変わりそうだいうのだ。

 「ジャニー氏の側近が会社を辞めてしまうのでは、と言われている。メディアを統制していたのはジャニー氏の側近の一人。ジュリー体制に移行後、以前の状態に戻ってしまいそう」(芸能記者)

 ジャニーズの先行きにはそれなりに不安要素もあるようだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る