3日で62万人! 年々増えるプロ野球観客動員数、広島・DeNAが100万人以上増加した理由とは

スポーツ 2019年04月02日 11時40分

3日で62万人! 年々増えるプロ野球観客動員数、広島・DeNAが100万人以上増加した理由とは画像はイメージです

 球場に足を運ぶファンの数が、年々増え続けているプロ野球。迎えた今シーズンも、先の開幕3連戦で624,850人(1試合平均34,714人)を記録するなど賑わいを見せている。

 実数発表が始まった2005年から昨年まで、ほとんどの球団で増加している観客動員数。今回はその中でも、特に人数が増えた3球団を以下に見ていこう。

■楽天
2005年 : 977,104人
2018年 :1,726,004人
増加人数: 748,900人

 創設初年度のシーズンは、100万人にも満たなかった楽天の観客動員数。ただ、2007年に100万人を突破すると、球団史上初のリーグ優勝・日本一を達成した2013年を機にその人数は一段と増加した。

 この間、価格変動制チケットの採用や、観覧車やメリーゴーラウンドを伴った「スマイルグリコパーク」の整備に取り組んだ楽天。これらの施策がリピーターを生んだのか、最下位となった昨年でも球団史上2位の動員数を記録している。

■DeNA
2005年 : 976,004人
2018年 :2,027,922人
増加人数:1,051,918人

 前身の横浜時代は、年ごとに増えたり減ったりと動員数が安定していなかったDeNA。新体制へ移行した2012年からは、勝てば半額、負ければ全額を返金する「全額返金!?アツいぜ!チケット」を皮切りに、ユニークな取り組みを次々に打ち出しファンにアプローチした。

 すると、これが功を奏し、翌年以降の数字は年々右肩上がりに増加。チームが暗黒期を抜け出したことも重なり、昨年は球団史上初めて200万人を突破した。

■広島
2005年 :1,050,119人
2018年 :2,232,100人
増加人数:1,181,981人

 マツダスタジアムが開場した2009年は一時的に数字が増加するも、そこからは低下傾向が続いていた広島。しかし、関東圏の「カープ女子」を新幹線で無料招待したことも話題となった2014年に、一転して数字が大幅に増加する。

 翌2015年は黒田博樹、新井貴浩の復帰もあり、動員数が200万人を突破。そこからはチームの3連覇も追い風となり、現在に至るまで前年比増の客入りを記録している。

 14年の間に、大幅な集客増を成し遂げたこの3球団。チームの成績はもちろん、営業面の努力もその一要因となっているのだろう。

文 / 柴田雅人

ピックアップ
スポーツ新着記事

プロレスラー世界遺産 伝説のチャンピオンから未知なる強豪まで── 「ウィリエム・ルスカ」再評価されるべき“オランダの赤鬼”
2019年12月08日 08時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る