“ビックマウス”ではない本田圭佑

スポーツ 2010年05月27日 17時30分

 「ヒデの再来」「王位継承」、そして「ビックマウス」と言われている今やサッカー代表の救世主「本田圭佑」。
 名古屋グランパスからVVVフェンローを経てCSKAモスクワと活躍の場を世界に広げ、「日本人初のチャンピオンズリーグ(CL)ベスト8」と目覚ましい成績を見せている。(ただし、本人はこの「日本人初の」などという厚かましい修飾語は、どうでもいいらしいのだが…)連日マスコミにその「大口っぷり」を注目され、もはや監督のコメントよりも本田のコメントを楽しみにしているサポーターも少なくない。

 「W杯の目標は優勝!」「出来れば守備はやりたくない!」「自分がやり易いのは、右サイド(中村選手とかぶる)」などという発言や、先日の国内合宿でも2対2の攻撃練習では「強引に」持ち込んでシュート、と報道されていた。ただし、サッカー経験者の筆者として、この男はいたって「普通」だと考える。大会に出るからには優勝をしたい、また狙っているは当然であり、「いやぁ〜、とてもとても無理です! 1点も取れないんじゃないですか〜」なんて言っているようなら、サッカーをやめた方が良い。前述の合宿に於いて強引に持ち込んでのシュートしたことは全然悪いことではないはずだ。コーチ陣は、繋げるための練習を望んでいたかもしれないが、それに囚われて最終的な「ゴールを決める」ということが出来なかったらまったく意味が無い。本番でその局面になってきちんと繋ぐことが出来るのか…そんなわけで彼の発言や行動を我なりに整理して分析すると、すこぶる「素直」なんじゃないか、と考えた。
 
 また何かいまひとつ盛り上がらない日本代表のネタとして、マスコミが意図的に彼の発言や行動を、面白おかしく演出して取り上げているだけの気がする。先日TBS系列の「スパサカ」で解説者の小倉氏との対談に於いて、例の「自分がやりやすいのは右サイド」との発言に対して小倉氏から「かぶるね、それじゃ〜俊輔選手と」と言われていたが、本田選手はあっさりと「どこの国でもそんな当たり前のようにしているわけで、(中略)自分が最大限に活きるポジションで、チームが勝つためにプレーをし続けるため」と言い、当たり前な返答であるが、謙虚さが尊ばれる日本人社会に於いてこう言い切った彼に対して妙に納得させられた。
 また小倉氏の「みんなが(イメージを)共通して感じないと難しい」発言についても「個々の考えは絶対的に違いますから、そこだけは譲ることは出来ない」のあとに、「でも、試合に勝つ為には、出来るだけ共有していかなければいけないので、今後はチーム内の衝突っていうのも避けられないかも」と話していた。全くもって、至極まともな返答だった。確かに、全ての選手が話し合いもせずに共通のプレーが出来たら気持ち悪い。(全員超能力者じゃないっての!)と言うか、それなら優勝も楽に出来得るだろう。また、たぶん他の代表選手たちも口に出さないだけであって、気持ちは同じだと思っている。なにはともあれ、W杯ではFKだろうが、なんでもかまわないので得点を決めて、試合後のインタビューでは「別に」やら「当たり前」とか言い放って欲しいのが筆者の希望である。

 ただこの男、なぜ両腕に時計をつけているか、の質問には「ボディバランス保つため」と言い放ち、小倉氏に「んなわけねぇーだろ!」と突っ込まれるようなお茶目な部分を持ち合わせた大阪人でもある。

 <筆者 タケルー、1972年生まれスポーツ全般大好き駆け出しライター。夢はnumberの編集長。高校の後輩に日本代表の中村憲剛と先輩に志村けんがいるのが自慢(共に面識なし)>

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る