ウルフルズ活動休止の舞台裏

芸能ニュース 2009年07月21日 15時00分

 先日、突如8月末での無期限活動休止を発表し、都内で無料ライブを行った人気バンド「ウルフルズ」。活動休止の原因はこのところソロ活動が目立つボーカルのトータス松本(42)とほかのメンバーの収入格差といわれ、その溝は深そうだ。ビジネスにシビアなトータスはすでに解散に向けての青写真を描いているという。

 ファンにはショックな突如の活動休止発表直後のフリーライブに登場したトータスは、「このまま何十年もやっていいかといったら自信ない。ちょっと休みたい…」と休止の理由を説明したが、ファンには納得しづらい説明だったという。
 「俳優としても活動し、CMにも出演するトータスの年収は1億円とも言われている。それに対して、ほかのメンバー3人はウルフルズがしっかり稼動しないと生活が厳しい。そのあたりで対立が激しくなった。しかし、トータスとすれば、ソロの方が稼げるのが現実」(レコード会社関係者)
 ウルフルズは92年にシングル「やぶれかぶれ」でデビューし、シングルで95年発売の「ガッツだぜ!!」、96年発売の「バンザイ〜好きでよかった〜」でブレーク。アルバムのミリオンセールスや紅白出場で人気バンドの仲間入りを果たしたが、その後、トータスのソロ活動が活発化した。

 「00年にフジテレビ系で放送された江口洋介主演のドラマ『涙をふいて』に抜てきされた。トータスはかなりのめり込みやすい性格で、当時、『もうバンドを辞めたい』と親しい関係者に語っていたこともあった」(音楽誌記者)
 トータスはバンドのボーカルであるばかりでなく、ウルフルズの曲の作詞・作曲をほとんど一人で手がけているだけに、「たたでさえ、印税をほぼ独り占め状態でボロ儲けなのに、俳優業などの“副業”で荒稼ぎ。そのため、バンドや音楽活動への姿勢を他のメンバーから問いただされ、ケンカが耐えなかったようだ」(同)。
 最近もキムタク主演のTBS系ドラマ「MR.BRAIN」やペプシのCMに出演。さらに、活動休止が発表されたのが、ソロとして初のオリジナルアルバム「FIRST」のプロモーションのタイミングだった。
 「休止発表後のフリーライブは、当日の一般紙にデカデカと広告が打たれ、トータスが出演を控えたNHKの音楽番組のクルーを呼んで映像を撮らせていた。いずれ、あのライブも商品化される予定だと思う」(音楽関係者)
 さらに、トータスが青写真を描くのが“解散ビジネス”だという。
 「当分は、ソロ活動が忙しいからバンドを休止しておいて、1日限りの解散ライブに向けてがっぽり稼ぐつもりらしい。他のメンバーにはその構想はほとんど伝わっていないようだ」(同)
 いずれにせよ、トータスが突出しすぎたため、ウルフルズの存続が困難になったようだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る