私が一番不幸じゃないと!一癖ありの“マウンティング女”

レジャー 2018年12月16日 22時30分

私が一番不幸じゃないと!一癖ありの“マウンティング女”画像はイメージです

 今は共働きで夫と生活しているUさんが、大学時代にサークルで知り合った女友達は、一癖ある“マウンティング女”だった。

 「『どうせ私なんて…』がその女友達の口癖。いかに自分が苦労してきたか、不幸なのか、といったことを自慢してきていたんです。最初のうちは『大変だね』と聞いていたサークルの人間も、すぐに嫌がるようになりました。これも、今で言うところの“マウンティング女”の一種ですよね」

 Uさんには、その女友達と疎遠になることができない、ある悲しい理由があった。

 「私は親友を中学生時代に自死で亡くしているんです。親友は明るい子でしたが、自死の直前は暗い話ばかりしていました。まだ未熟だった当時の私は、突き放してしまって。親友を救えなかったという負い目なのか、その女友達のことを、放っておけなかったんです」

 ところが、このUさんの気持ちが裏目に出てしまう。

 「女友達と2人で飲んだときに、酔いが回って、つい親友のことを話したんです。そうしたら、女友達が『私だって、親戚のおばさんとか、ペットが死んだときはつらかったから!』と、まさかのマウンティングをしてきて。私は酔いも覚めて、『命のことは、比べるものじゃないと思うよ』と冷静に言いました」

 それが女友達にとっては気に食わなかったのか、Uさんは女友達から手酷い仕打ちを受けた。

 「その後のサークルの飲み会で、『優しい人の相談に乗っているフリをして、自分の不幸自慢をしてくる人間って、一番タチが悪くない?』と、私の悪口をほかの人に言っていたんです。それだけならまだよかったのですが、『親友が自殺したら悲劇のヒロインになれるなら、私もそんな経験がしたいな』とまで言い出して…。周りの人間は女友達に引いていましたが、頭に血が上った私はブチ切れて、女友達の顔面に飲み物をかけて帰りました。そのままサークルをやめて、女友達とも縁を切り、その後は大学生活を平穏に過ごしました。女友達は、今では本当に不幸になっていると共通の友達から聞きましたが、はっきり言ってどうでもいいですね」

 自分は不幸だとマウンティングするのは勝手だが、それで人を傷つけ、実際に不幸になってしまうというのは「自業自得」としか言いようがないだろう。

文/浅利 水奈

ピックアップ
レジャー新着記事

ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(11月17日)マイルCS(GI)他1鞍
2019年11月16日 15時00分

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(11/16東京)
2019年11月15日 15時00分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る