社長まで謝罪の『水曜日のダウンタウン』、過激度下がるか 打ち切りはある?

芸能ニュース 2018年07月06日 23時20分

社長まで謝罪の『水曜日のダウンタウン』、過激度下がるか 打ち切りはある?ダウンタウン

 芸人連れ去り企画で警察から厳重注意を受けた人気バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)をめぐる問題で、TBSの社長が定例記者会見で「本当に申し訳ない」と謝罪し「現場にはそういうことがないよう徹底せよと指示した」とも述べた。

 これを受け、取りざたされるのが『水曜日のダウンタウン』の打ち切り説であろう。同番組は、今回の連れ去り企画ばかりではなく、芸人をガチで監禁する企画や、オードリーの春日俊彰が増水した川に流されるなど無謀な企画を連発してきた。さらに、100円ショップで販売された福袋の中身を許可なく撮影し取り上げるなど、一般人への迷惑行為もはたらいている。ここまで問題が続けば、打ち切りの可能性もありそうなものだが、そう単純にはいかないようだ。

 「なにしろ『水曜日のダウンタウン』は、テレビ不況の現在にあって、安定した視聴率を獲得している人気番組だといえます。さらに、番組の企画は説を検証するもので、昔ながらの『やってみよう系』の企画なのですが、調査の時間のかけ方や、芸人へのムチャ振りの仕方などの番組独自のセンスが生きているといえます。なによりダウンタウン自身の冠番組となりつつありますので、簡単には打ち切りにしたくないのが現状なのでしょう」(放送作家)

 それでも、今回の一件で番組作りに影響が出る可能性もある。

 「これまでは、ある意味では好き勝手に出来ていたものが、企画にいろいろと横やりが入る可能性もありますね。結果的にスタッフが“忖度”して、企画の過激度が下がっていった場合は、番組自体の面白さが後退し、ひいては視聴率低下へつながる可能性もあります。そうなれば、ある種まっとうな理由で番組打ち切りという悪循環も予想されますね」(前出・同)

 過激な面白さを追求するのか、無難な企画で危険な橋を渡るのか。スタッフにとっては究極の選択が迫られているともいえるだろう。

ピックアップ

今後に大きな不安も?14日の死球以降ノーヒットが続く巨人・岡本和真
2018年09月19日 06時15分 [スポーツ]

芸能ニュース新着記事

傷害事件で番組が打ち切りの“名古屋のみのもんた”宮地佑紀生が復帰 世間の声は厳しく…
2018年09月18日 12時25分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る