『ラジエーションハウス』に、「普通ありえない」 乳がん検査を受けた視聴者から疑問の声

芸能ニュース 2019年05月21日 18時10分

『ラジエーションハウス』に、「普通ありえない」 乳がん検査を受けた視聴者から疑問の声窪田正孝

 月9ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系)の第7話が20日に放送され、平均視聴率が11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。第6話の13.2%からは1.8ポイントのダウンとなってしまった。

 第7話では、軒下(浜野謙太)の中学時代の同級生・蛭田夫妻が病院にやってくるというストーリー。人間ドックで妻の真貴(松本若菜)の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受け、超音波検査が必要と診断されるも、超音波検査は2か月先になってしまうと告げられ――という展開だった。

 しかし、放送後、視聴者からはある不穏な声が集まっていたという。

 「再検査を待つ間も癌が進行してしまうという恐れから、夫の志朗(篠原篤)は軒下や、偶然通りがかって話を聞くことになった唯織(窪田正孝)にどうにか検査を早めてほしいと懇願。それを受けた唯織は院長(和久井映見)に早期の再検査を訴えるも、『個人的な感情だけで一部の患者さんを優遇することはできない』と断られてしまいます。そこで、唯織は受付時間が終わった夜に蛭田夫婦を呼び出し、独断で再びマンモグラフィ検査を行う、というストーリーが描かれました。しかし、業務後に検査を行うことで、結局患者を優遇していることに変わりはなく、この展開にネットからは、『結局特別扱い。これ見て、言えば何とかなると思って、無理を言ってくる患者が増えそう』『通常業務を終えたあと一部の患者を特別扱いするとかどうかしてる』『マンモの再検査だからいいってわけじゃなくて普通に時間外なのに普通ありえない』という声が殺到しています」(ドラマライター)

 また、実際にマンモグラフィ検査を受け、異常が見つかったというネットユーザーからも疑問が出ている。

 「ネットからは、『乳がん患者としてすごく不快。みんなどんな思いで検査の順番待ってると思ってんだよ』『マンモで異常見つかったから混乱する気持ちは分かるけど、だからってだだこねてどうにかなる問題じゃない』という声も上がっています。また、『マンモの後の超音波で2か月も待つ?私はその日にできたけど』『どこの病院も何か月待ちっていうのは大袈裟かな。誤解を与えそう』という指摘も。作品ファンからは『ドラマなんだからいいじゃん』『フィクションだから仕方ない』という擁護の声もあったものの、『知り合いを忖度している』と感じた視聴者が多かったようです」(同)

 医療モノだけに、さまざまなツッコミの声を集めてしまった本作。今後の展開で、視聴者の不信感を拭うことはできるだろうか――。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る