search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(11月17日)マイルCS(GI)他1鞍

ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(11月17日)マイルCS(GI)他1鞍

【今週の予想】
☆東京3R 2歳未勝利(芝1600m)
 シャンボールロッソが巻き返す。デビュー戦は前残りの結果であったが、本馬は4角13番手から最速タイの上がりを使って4着と力を見せており、次走勝ち負けを期待したが、デビュー戦同様出遅れて後方からの競馬となってしまい、直線だけの大味な競馬となってしまった。勝ち馬は逃げ切りで、上位は前にいた馬たちばかりだったように、後方からの本馬には厳しい展開だった。今回は鞍上が武藤雅騎手に替わり、スタートさえ決まれば、あっさりがあってもおかしくない。

◎シャンボールロッソ
○ダイワミラクル
▲ナリノオルフェ
△₁シングンバズーカ
△₂トリッキーカフェ
△₃オンリーワンボーイ

買い目
【馬単】6点
◎⇔○▲△₁
【3連複1頭軸流し】10点
◎−○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎→○▲△₁△₂△₃

☆京都11R マイルCS(GI)(芝1600m)
 ここはダノンプレミアム。前走の天皇賞(秋)では、4角抜群の手応えで上がって行き、直線抜け出すだけであったが相手が悪かった。内からアーモンドアイに抜け出されるとあっという間に差を広げられ、結果0秒5差もの着差を付けられたが、しっかりと2着は確保。それでも手応えからすればもう少し3着馬との差があってもと思わせるものだっただけに、年齢とともにマイル寄りにシフトしてきたのだろう。今回はそのマイル戦。前々走の安田記念こそ16着と崩れたが、スタート直後の不利でリズムを崩したためで、参考外で良い。3走前のマイラーズCでは、直線少し追われただけでゴール前では流して優勝。それも後に安田記念を勝つインディチャンプに完勝しているのだから強いの一言。前走の疲れも見られず今回は叩き2走目と、ここは崩れることは考え辛い。相手本線はインディチャンプ。前走は抜群の手応えで直線に入り馬なりのまま先頭に立ち、残り300mあたりからようやく追い出しを開始する余裕から、どれだけ突き抜けるのかと思いきや、そこから伸びあぐね、一度交わしたアエロリットにも差し返されて3着。結果的に1ハロン長かったのだろう。今回はベストのマイル戦。追い切りの動きは目を見張るものがあり、好勝負必至だろう。▲はダノンキングリー。以下、プリモシーン、ペルシアンナイト、アルアインまで。

◎(14)ダノンプレミアム
○(5)インディチャンプ
▲(1)ダノンキングリー
△(8)プリモシーン
△(7)ペルシアンナイト
△(10)アルアイン

買い目
【馬単】5点
(14)→(1)(5)(8)
(1)(5)→(14)
【3連複1頭軸流し】10点
(14)−(1)(5)(7)(8)(10)
【3連単フォーメーション】16点
(14)→(1)(5)→(1)(5)(7)(8)(10)
(1)(5)→(14)→(1)(5)(7)(8)(10)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ