search
とじる
トップ > レジャー > 本当にあった怖い彼氏〜車の外から覗く謎の視線〜

本当にあった怖い彼氏〜車の外から覗く謎の視線〜

pic pic

画像はイメージです

吉澤亜子(仮名・25歳)

 ある時、交際していた男性と車の中で性行為をしてしまったことがありました。それからというもの、彼はデートの度に、そういうことをするようになってしまったんです。デートの帰り道、「少し話そう」と言われて駐車場に車を停車。そして、少し雑談した後、キスから、それ以上の行為になっていくというのがいつもの流れです。彼はフリーターでお金がなく、ホテルなどに毎回行くのは厳しいだろうと理解していたので、なんとか我慢していました。

 そんなある日、いつものように車の中で彼としていると、窓の方から“こつっ”と、何かが当たったような音が聞こえました。そして、そちらの方を見ると、ハッキリと人影が見えたんです。その瞬間、私は悲鳴を上げ、誰かが車の外から覗いていると彼に訴えました。しかし彼は、特に驚いた様子もなく、なぜか行為を続けようとしたのです。でも、そんな状況で楽しめるわけがないですから、彼に一刻も早く駐車場から離れるようにお願いして、その日はすぐに帰りました。

 それから数日後、彼はデートの後にまた例の駐車場に行こうとしたのです。あんなことがあったので、さすがに無理と伝えたのですが、あまりにしつこく、最後には「人に見られてる方が興奮するじゃん」と言い出したのです。さらに、「せっかく集まってくれるんだから…」とも。どういうことかと問い詰めると、彼はネットの掲示板で駐車場ですることを告知していたそうなんです。勝手にそんなことをしていたので私は激怒しました。でも彼は、「最近、マンネリだったし、相手は危険なことはしてこないから大丈夫」と開き直るばかり。もし、撮影などされていたら人生に関わることなのに、彼はそういうことも考えていなかったみたいで本当に怖くなりました。なので、この人と一緒にいたら、勝手に何をされるかわからないと思い、すぐに別れを決めました。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ