安室奈美恵 トレンドになった“でき婚”

芸能ネタ 週刊実話 2018年09月14日 21時03分

安室奈美恵 トレンドになった“でき婚”提供:週刊実話

 もうすぐ41歳になる安室の半生は、まさに波乱の連続だった。

 10歳の時、地元の芸能人養成学校に入り、中学2年で単身上京。1992年、『スーパーモンキーズ』というユニットを結成し、同年、『ミスターU.S.A』でデビューした。
「しかし、思っていたほどブレークしませんでした。ただ、歌唱力とダンスのキレは一際目立っていました」(芸能プロ関係者)

 転機が訪れたのは1995年。“ソロ活動”を進言した小室哲哉プロデュースによる『Body Feels EXIT』が大ヒット。

 続く『Don't wanna cry』や『CAN YOU CELEBRATE?』でミリオンセラーを連発。一気にスターへの階段を上りつめて行った。
「安室は、“ギャル”たちのファッションリーダーでもありました。ストレートロングにミニスカ、ブーツ姿の彼女たちは“アムラー”と呼ばれ、一世を風靡しました」(ファッションライター)

 また、こんな事でも安室はリーダー的存在となった。
「今から21年前の10月22日のことでした。15歳年上のダンサー・SAMとの“できちゃった婚”を発表したのです。このでき婚は、その後、芸能界のトレンドとなりました」(ワイドショー芸能デスク)

 1998年5月、長男を出産したが、その翌年3月、母親が事故で亡くなった。
「親族の男の車によって、轢き殺されるという凄惨な事件でした」(ワイドショーレポーター)

 やがて、2002年にはSAMと離婚。親権は安室が取った。
「こうして、母ひとり子ひとりとして16年。長男が20歳になったのを機に“ひと区切り”つけようと思ったのでしょう。一方で、バツイチといえどもアラフォーの“女盛り”。彼女は再婚を考えているのかもしれません」(ベテラン女性誌記者)

ピックアップ
復活を遂げた松坂大輔 未来へのさらなる期待

復活を遂げた松坂大輔 未来へのさらなる期待
2018年11月16日 21時30分 [スポーツ]

芸能ネタ新着記事

『西郷どん』大野拓朗演じる西郷隆盛の右腕・中村半次郎(桐野利秋)の実像
2018年11月16日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る