虎が吠える 佐山サトル見参!!(10) 藤波さん、長州さんと本物のプロレスができた

スポーツ 2009年11月05日 15時00分

虎が吠える 佐山サトル見参!!(10) 藤波さん、長州さんと本物のプロレスができた

 ちゃんとしたプロレスラーが、ガチ以上のショーをやるのか、ガチを知らない者が演劇以下のショーをやるのか。

 理に合わず手伝ってもらわなければ出来ないワザや、大技の応酬なんてアホらしいにもほどがある。それを見て喜んでいる観客のレベルの低さにもあきれるが、おそらくケンカをしたことがないか、格闘技を本気でやったことのない人達なのだろう。
 ドラディションで藤波さんや長州さんと全国を回らしてもらっているが、久々に本物のプロレスを楽しんでやっている。
 二人がそれらの動きを受け付けず、ナチュラルで試合が運ばれるからだ。お作り派か、ナチュラル派かでプロレスは全く変わってくる。観客がプロレスから離れたのではない。レベルの高い客がプライドなどに行っただけなのだ。

 猪木イズムとは闘いの本質を追求するプロレスであり、その生活においても本格性が求められる。藤波さんも長州さんも、よく心得ている。
 女子プロレスの小畑千代さんが言った言葉が印象に残っている。「プロレスは動かない時が一番大切」セメントとプロレスを知る者だけが心得ている間合いというやつだ。ドラディションで試合をこなしていると、私の動きも何故か水を得た魚のようにイキイキとしてくる。
 藤波さん、長州さんとのコンビは、かつて私がやっていた動きとタイミングを思い出させてくれ、私もタイガーマスクの本当の姿を見せている。先日のIGFもノビノビとやらせてもらった。
 また、セメントそのものを出してもプロレスではない。受身という独特な世界がある。猪木会長が受身の凄さを誇るが、攻撃性の凄さと受身の凄さ、二者は本格派レスラーと一体化してナチュラルとなる。セメントは最も大切なプロレスラーの心臓部である。受身もしかり、プロレスは本当に難しいものなのだ。

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る