タクシーのスピード違反を密告する男性と「タクシーセンター」の不思議な関係

タクシーのスピード違反を密告する男性と「タクシーセンター」の不思議な関係タクシーのスピード違反を密告する男性と「タクシーセンター」の不思議な関係

人は、暇を持て余すと何をするのか分からない。ばりばりと働いていた人が、定年やリストラなどで仕事を辞める。1日の大半を働いて過ごしていたのが、ある日を境にやることがなくなる。読書や散歩、そして釣りなど、趣味があれば時間がつぶせる。しかし、仕事に熱中していたがゆえに、趣味を持たない人も意外に多い。

さて、昨日はタクシーに乗った。普段は乗らないのだが、突然の雨に降られ、やむなく乗ってしまった。乗れば、たいていは運転手とのよもやま話となる。昨日は、監視カメラの話で盛り上がった。電子機器の発達により、運転手はいま監視社会の最先端で働いているのであった。

まず、車の外部には、正面に向けた事故対策用のカメラが設置してある。さらに、バックミラーの横には、車内の後部座席に向けたカメラが付けられており、運転手と客の会話も録音されている。配車センターは、GPSで絶えず各車の現在位置を把握する。そして、おどろいたことに、運転手を監視するのは機器だけではなかったのだ……。

運転手によると、幅が広いのに運転速度が時速30kmに規制されている道路が都内にあるのだと言う。規制のない一般道路の最高速度は時速60kmであり、規制がされていても規制を厳密に守っている車などほとんどないのが実状であろう。その時速30km規制の道路も、一昔前は多少の速度超過で走る人が多かった。

ところが、ある時から「あの時速30km規制の道路は、1kmでも速度超過するとタクシーセンターにチクられるので気をつけろ!」という口コミが、都内のタクシー運転手に出回った。それはなぜか? 

ある高齢者の男性が、その道路にスピードガンを設置して、行き交うタクシーの運転速度を計測しているからである。そして、その男性は、速度超過したタクシーの社名やナンバーを控え、逐一、タクシーセンターに通報しているのであった。その男性は、よほど暇なのだろう。そんなことをして、何の徳になるのか分からない。

ちなみに、「タクシーセンター」とは、東京や大阪、神奈川など都市部に設置されたタクシー会社や運転手を管理する組織で、運転手の登録や適正化、研修などを行う。いわゆる天下り組織で、幹部は国土交通省や警察、タクシー会社のお偉いさんだ。この組織は、運転手の天敵と言っていい。

「適正化」とは、要は運転手を監視することである。盛り場などに出没し、お客の乗車地点や駐停車の状況などを職員が監視する。監視しているのは職員だけではない。車に乗れば、カメラが監視している。トイレで公園付近に駐車すれば、地元の住民がセンター通報する。そして、道路を走ればスピードガンなのである。

確かに、マナーの悪いタクシー運転手もいる。だが、それは少数なのではないか。その少数を対象に、「タクシーセンター」なる無駄な天下り組織が運営されている。さらに、その無駄な組織に協力する暇な住民が存在する。タクシー運転手という職種が難儀なものに変わっていくのを感じる。

(谷川 茂)

ピックアップ
ノンジャンル新着記事

箱根駅伝 5連覇逃した青学・原監督に政治家転向説
2019年01月17日 07時03分

本好きのリビドー(236)
2019年01月16日 16時03分

若者に「おっさんファッション」が流行する理由
2019年01月15日 19時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る