吹田市の拳銃強奪犯、フジ系列の関連会社勤務だった? カンテレが謝罪コメントを出した経緯は

芸能ニュース 2019年06月24日 23時00分

吹田市の拳銃強奪犯、フジ系列の関連会社勤務だった? カンテレが謝罪コメントを出した経緯は画像はイメージです

 容疑者の父親が関西テレビ(カンテレ)の役員であることが判明した大阪府吹田市の拳銃強奪事件だが、同局の系列局であるフジテレビの報道を巡る内幕を、発売中の「週刊ポスト」(小学館)が報じている。

 6月16日に発生した同事件をめぐっては、飯森裕次郎容疑者の逮捕後、その名字やSNSなどから、父親が当時関西テレビ常務だった飯森睦尚氏ではないか、との情報が拡散。結局、父親の素性も報道されることになり、睦尚氏はカンテレを通して「地域の方々をはじめ、多くの皆さまにも不安を感じさせることとなりました。大変申し訳ありませんでした」などとコメントし謝罪。19日に開かれたカンテレの役員会で、睦尚氏は「一身上の都合」を理由に取締役の辞任を申し出て承認されていた。

 同誌によると、父親については伏せる方向でカンテレとの話がまとまっていたが、ほかのメディアが取材を開始したそう。

 フジ系列のカンテレの常務であることに加え、飯森容疑者もかつてフジ系列の岩手めんこいテレビの関連会社「めんこいエンタープライズ」に勤務していたことが発覚すると、フジ局内では「“身内案件”だから慎重な対応が必要になる」という空気に一転したという。

 結果、父親について「なぜ報じないのか」と批判が出始めたこともあり、カンテレ側と話し合い、父親の実名を報道することが決まったというのだ。

 「もし、その時点で他局が報道しなかったとしても、週刊誌などに報じられてしまったら事実を“隠蔽”したとして批判が殺到することは明らか。そのあたりに対する危機意識が低過ぎたようだ。おそらく、フジを“反面教師”にして、他局は身内でも犯罪に関わっていればちゅうちょなく報じるようになるだろう」(他局の報道記者)

 とりあえず、フジは報道に踏み切ったことでダメージを最小限に食い止めたようだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る