search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 市川海老蔵、不仲説には即反論も“母親の浪費癖”への反論がない? 勘九郎の反応も…

市川海老蔵、不仲説には即反論も“母親の浪費癖”への反論がない? 勘九郎の反応も…

pic pic

市川海老蔵

 来年5月に十三代目市川團十郎白猿の襲名を発表した市川海老蔵が22日、自身のブログを更新。発売中の「女性自身」(光文社)が、今年の大河ドラマ「いだてん〜東京オリンピック噺〜」の主演を務める中村勘九郎が共演NGと報じた件について苦言を呈した。

 同誌は2人の間に亀裂が入ったのは、両家の海外公演にまつわる海老蔵の“軽口”だったと報道。14年7月、勘九郎は米・ニューヨークで亡き父が心血を注いだ「平成中村座」の公演を成功させたが、その際、海老蔵は「平成中村座? こちとらオペラ座だ!」と言い放ったのが勘九郎の耳に入り、勘九郎が激怒。直接、海老蔵に抗議するなどして共演NGになったことを報じた。

 海老蔵は「私も根も葉もないこと言ってみたい」のタイトルで更新。「女性自身、名前変えたら? 女性自身って名前女性に失礼だよね、いい加減なことばかり偽りが多い内容で雑誌名が女性自身?! 女性はもっと美しく可憐で真実を持っていると私は思う」と記事の内容を否定。そして、「あまりに失礼無礼無知にて徹底的に物申す、感じにしてみました笑笑」とつづった。

 「襲名発表はマスコミにとって格好のネタだけに、様々な記事が出るのは覚悟のはず。海老蔵が反論した一方で、勘九郎サイドは反論せず。そのあたりで、記事が本当かどうか分かりそうなものだが…」(演劇担当記者)

 そんな海老蔵だが、これまで何度もメディアに登場している母・希実子さんに浪費癖があることを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

 同誌によると、23歳で先代の團十郎に嫁いだ希実子さんは、金銭感覚に鷹揚なところがあり、1足10万円の靴を色違いで3足購入してしまうようなところがあるのだとか。

 ただでさえ、海老蔵一家には松竹が肩代わりした借金があり、今度の襲名でも金がかかるため、松竹は希実子さんの金遣いに目を光らせているというのだ。

 「亡くなった海老蔵の妻・小林麻央さんにはかなり厳しく当たっていたのは有名な話。再婚話も浮上する海老蔵ですが、なかなか母親という“ハードル”を乗り越えられる女性はいないのでは」(同)

 果たして、この報道にはどう反論するのだろうか。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ