『江〜姫たちの戦国〜』第23回、大河ドラマで三角関係

トレンド 2011年06月20日 11時45分

 NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の第23回「人質秀忠」が、6月19日に放送された。今回は江(上野樹里)と後の夫になる豊臣秀勝(AKIRA)、徳川秀忠(向井理)の三角関係が展開される。

 江は3度も結婚した女性である。3度も結婚したということは不幸な終わり方になった結婚を2度も経験したことになる。そのために江は不幸を経験しつつも、最後に幸福をつかんだ女性というイメージになる。これに対して『江』では江の夫となる3人の男性が皆、魅力的に描かれている。江は何度も素敵な恋を経験した女性となる。しかも、今回は2度目の夫の秀勝と最後の夫の秀忠が同時に登場し、江を挟んでドタバタ劇を繰り広げる。

 恋愛ドラマの要素が強いものの、『江』は大河ドラマであり、時代劇である。三角関係の展開の中にも時代劇のツボを押さえている。江と秀忠が初対面となるシーンは旭(広岡由里子)の臨終の場であった。運命の人との初対面の場としてトキメキ感はないが、人の死を直視する人間ドラマに相応しい。

 その後、偶然出会った江と秀忠は言い合いになる。いつも豊臣秀吉(岸谷五朗)の悪口を言う江も、秀忠に言われると面白くない。それに対して、秀忠は「今度は庇うのですか。ボロクソに言っていたのに」と江をやり込める。運命の人の第一印象は最悪という恋愛ドラマの定番に沿った展開である。

 これまで「好きでもない人に嫁ぐのですか」など江の現代人感覚は時代劇らしくないと批判対象になっていたが、江以上に冷めた秀忠の登場によって、主人公の立ち位置がバランスとれたものになる。また、江と秀忠の夫婦は江が姉さん女房であることもあり、「かかあ天下」と描かれることが多かった。これに対して『江』の秀忠は江の尻に敷かれるタイプではない。江・秀忠夫婦の新解釈が期待できる。

 江と秀勝、秀忠のドタバタ劇は千利休(石坂浩二)が亭主を務める茶室で展開された。騒ぐ江らを利休が一喝するなどコント的な展開であったが、茶室を舞台とすることには味があった。今回は三角関係と並行して秀吉と利休の対立が表面化する。『江』では秀吉と利休の対立は茶室という閉ざされた空間の中で進行する。

 緊迫感のある秀吉と利休の対立と、ほのぼのした三角関係が、茶室という同種の空間で交互に展開される。前者の茶室では暗めの照明、後者の茶室では明るい照明と演出も工夫している。ラブコメと時代劇の好対照が併存したドラマになった。(林田力)

ピックアップ
トレンド新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る