search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 土田晃之、子供の写真無断掲載に警告 同情の声多数も、切れ方にネットドン引き

土田晃之、子供の写真無断掲載に警告 同情の声多数も、切れ方にネットドン引き

pic pic

土田晃之

 お笑いタレントの土田晃之が、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』にて、自身の子供の写真が無断でネット上に掲載されているとし、掲載者に対し警告を行った。

 土田は冒頭、番組で共演している、けやき坂46(ひらがなけやき)のコンサートへ行ったことを報告。土田は開演時間を間違えて30分早く会場に到着してしまい、いる場所もないので知り合いのスタッフに頼み、関係者のいる控え室へ案内してくれたという。その後は無事にライブを鑑賞でき、共演してきたけやき坂46の成長を喜んでいた土田だったが、後日、けやき坂の関係者から土田へ以下のような話があったという。

 このライブに土田は、次男と長女を一緒に連れて来ており、とあるけやき坂のファンサイトには土田と一緒に彼の子ども達の顔がモザイクなしで掲載されていた、という。

 土田は許可なく勝手に掲載されたことについて、「俺の写真は別に構わないんだけど、俺の子どもの写真も載ってるみたいなのよ」「それはもうブチ殺しに行くんで」「うちの事務所が動くかもしれないよ。気をつけてね。ちゃんとしている事務所なんでね」と掲載者に対し強い怒りをあらわにした。

 この発言の直後、ネットでは土田に対し賛否両論のさまざまな意見が投稿された。一部では「土田さんの怒りはもっとも」とする意見のほか、「公共の電波でブチ殺すとはあまりに物騒では?」「恐喝じみている」との意見もある。

 また、ラジオでの土田の説明によると、写りこんでしまった子ども二人に関しては掲載者自身も、土田の子どもだったとは気がつかなかったようで、「(彼らは)土田さんのスタッフのようだ」と書かれていたといい、悪意があったわけではないようにもとれる。

 それだけに今回の「ブチ殺しに行くんで」という発言はいきすぎており、また、土田の所属事務所である太田プロダクションも「暴力の後ろ盾」ともとれるよう勝手に社名を出されてしまっている以上、今回の騒動は、土田にとってただの失言では済まされない可能性がある。

 現在、土田は7本のレギュラー、2本の準レギュラーを持っている売れっ子ではあるが、「ひな壇芸人」の宿命ゆえか、メインを張れる番組は少ないうえに、視聴者の中にはアンチもおり、バラエティ界では徐々にその存在感を失いつつあるとの見方もある。

 土田にとって、今回の騒動は今後の出方によっては彼の芸能人生を左右する事件になるかもしれない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ