殺された女の無念が憑依した蛍

ミステリー 2012年08月14日 15時30分

殺された女の無念が憑依した蛍画像はイメージです。

 愛知県豊田市幸町にある浄土宗の寺・隣松寺から西へ800m離れた丘陵には、「車塚古墳」と呼ばれる円墳がある。豊田市役所支所の北側駐車場から古墳に向う緩やかな小道沿いに「おこん地蔵」がひっそりと佇んでいる。このお地蔵様の台座には、「三界萬霊、念仏講中」と刻まれているが、建立年は不明。左側に建てられた名号碑に、「南無阿弥陀仏」と刻まれ、「明和3(1766)年8月24日」の文字が読み取れる。おこん地蔵は、理不尽な理由で夫に殺されたおこんという女房の怨念を鎮めるために作られたものであった。

 昔、上中島(現在の豊田市畝部東町中島)に吉五郎という宮大工が住んでおり、おこんという美しい女房と暮らして いた。腕のよかった吉五郎は伊勢神宮や熱田神宮の修理にも出掛け、家を留守にすることが多かった。

 ある年の夏、蛍が大好きだったおこんは、蚊帳の商いをする近江商人に琵琶湖の源氏蛍をもらった。大変喜んだおこんは毎日蛍を見ながら暮らしていた。しばらくして、吉五郎が帰ってくると、その蛍が気になったのでおこんを問いただした。「近江の商人から貰った」と打ち明けた。

 嫉妬した吉五郎は酒の勢いもあって、手元にあった斧をおこんに振り下ろした。殺気を感じたおこんは外へ飛び出すと、吉五郎は執拗に追いかけてきた。「あの蛍さえなければ、あの蛍のために」と、おこんは口走りながら逃げた。

 翌朝、路傍におこんの死体と血だらけの斧が転がっていた。しかし、吉五郎 は行方不明になってしまった。不憫に思った村人はおこんを手厚く葬った。

 葬儀の時、一匹の蛍がおこんの棺から飛び出した。その晩、一匹の大きな蛍が隣村の家に舞い込んだ。すると、その家は火事になり全焼してしまった。その後も蛍が舞い込んだ家は火事に見舞われた。蛍はおこんの亡霊ではないかと恐れた村人は地蔵を建てお参りした。それ以後、蛍が引き起こす火災は起こらなくなったという。

(写真:「おこん地蔵」愛知県豊田市永覚町)

(皆月 斜 山口敏太郎事務所)

ピックアップ
ミステリー新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る