search
とじる
トップ > 芸能ネタ > フジのあの番組、有働アナに高額オファーしていた? 日テレを選んだ理由は…

フジのあの番組、有働アナに高額オファーしていた? 日テレを選んだ理由は…

pic pic

有働由美子

 10月から日本テレビ系「NEWS ZERO」のキャスターを務めることが決まった、3月でNHKを退局してフリーになった有働由美子アナだが、フジテレビからの高額オファーを蹴っていたことを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

 同誌によると、各局がNHKを退局した有働アナの争奪戦を繰り広げたというが、フジテレビの「プライムニュース イブニング」は1本あたり150万円以上の高額ギャラを提示したという。

 というのも、もともと、同番組は元NHKでフリーの登坂淳一アナがキャスターに就任。しかし、NHK時代のパワハラ&セクハラを報じられて降板。そのため、フジは3億円の移籍金を用意してまでオファーしていたという。
 ところが、「ZERO」のギャラは1本50〜60万円ほど。ギャラはフジの3分の1で、移籍金もなかったようだが、親友で同じ事務所に所属し、同局で複数のレギュラー番組を持つタレントのマツコ・デラックスが、「日テレがいちばんスタッフの質がいいわよ」とアドバイス。

 結果、有働アナは日テレのオファーを受けたというのだ。

 「日テレからすれば、マツコにいくら感謝しても足りないほど。フジに比べたらかなり条件が悪かったにもかかわらず、いわばマツコの“コネ”で有働アナがオファーを受けてくれた」(テレビ局関係者)

 マツコの“後押し”もあったが、総合的に判断して、フジよりも日テレを選んで正解だったようだ。

「フジといえば、現在は『直撃LIVE グッディ!』のMCを務める安藤優子キャスターが長年、まるで女帝のように君臨。同番組の後釜に有働アナを据えるという話が浮上していたこともあり、有働アナをライバル視している。となると、有働アナにとっては非常にやりにくい環境」(芸能記者)

 有働アナには新天地でのびのびと活躍してほしいものだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ