search
とじる
トップ > アイドル > 「欅坂46の少女たちに罪はない」 小林よしのり氏がナチス衣装問題にコメント

「欅坂46の少女たちに罪はない」 小林よしのり氏がナチス衣装問題にコメント

 アイドルグループ、欅坂46が10月22日に開催されたハロウィンイベントで、着用した衣装がナチス・ドイツの軍服と酷似していたことを一部団体から指摘を受け、所属レコード会社と総合プロデューサーの秋元康氏が公式HPなどで謝罪した件について、漫画家の小林よしのり氏がコメントしている。

 まず小林氏は自身のブログで、「すでに秋元康や関係者が謝罪したらしい。当然だろう。無知すぎる」「ホロコーストはあったと信じているし、人種差別に基づく虐殺など、人類への罪だと思っている」との自身の見解を語った。

 しかし、イスラエル大使館が欅坂46のメンバーに、ホロコーストに関するセミナーに招待したいとコメントしたことに関しては、「不愉快な気持ちになる」とも。このような問題はあくまで「自由意思」で興味を持つことであり、「団体からの圧力で勉強させられるのがいいとは思わない」との意見を述べた。そして、「責任は商業主義に走って、非常識をやった大人にあるので、大人が勉強すればいい」と責任を追及している。

 また、「少女たちにまで責任を負わせるのは納得できない」として、「わしが運営に携わる者なら、少女たちに謝って、少女たちが余計なトラウマを持たないように守るだろう」とも綴っている。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ