search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 有働由美子アナ、NHKを退局 今後の活躍は?

有働由美子アナ、NHKを退局 今後の活躍は?

pic pic

有働由美子

 NHKの有働由美子アナウンサーが、2018年3月いっぱいで退職したことがわかった。有働アナは1969年生まれの49歳。1991年にNHKに入局し、『サタデースポーツ』『NHKニュース10』などでキャスターとして出演。2001年から2003年までは3年連続で『紅白歌合戦』の紅組司会を務めた。さらに、『スタジオパークからこんにちは』『あさイチ』など情報バラエティ番組もこなせる人気アナウンサーだった。今後は海外でのジャーナリスト活動を展開するという。気になるのは他局への出演とタレント活動であろう。

 「有働アナはNHKの名物アナウンサーとして知られていますので、知名度は抜群だといえるでしょう。V6の井ノ原快彦と組んだ『あさイチ』では『セックスレス特集』をはじめ、NHKらしからぬテーマをとりあげるなど、新しい試みをしてきました。真面目なニュース読みばかりではなく、トークやバラエティもこなせるので、タレント適性は十分にあるといえるでしょう」(放送作家)

 ならば、有働アナが活躍できるのはどのような番組だろうか。

 「やはり、NHK時代のエピソードトークでしょうかね。『あさイチ』でワキ汗で服をぬらした話や、2000年のシドニーオリンピックでは柔道において篠原信一が誤審により敗退すると、その様子を涙ながらに伝え話題となりました。最近のテレビ番組は『あの騒動の真相』といったテーマは多く取り上げられますから、視聴者が知りたい有働アナの話は多そうですね。さらに、彼女は現在独身ですから、そうした『おひとりさま』関係の話題も向いているかもしれません」(前出・同)

 有働アナがテレビでひっぱりだことなる可能性は高そうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ