『江〜姫たちの戦国〜』第2回、女性視点で織田信長の孤独に迫る

トレンド 2011年01月19日 09時00分

 NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の第2回「父の仇」が、1月16日に放送された。江が生まれるまでを駆け足で追った前回に対し、今回から江(上野樹里)ら浅井三姉妹が主人公になる。

 時は1579年(天正7年)で、茶々も初も江もティーンエイジャーにもなっていない。それを宮沢りえ、水川あさみ、上野樹里が演じるのだから、実年齢とのギャップが大きい。そのため、上野樹里演じる江は天真爛漫で子供っぽく、あどけない。

 2008年の大河ドラマ『篤姫』を主演した宮崎あおいも、ヒロインの一生涯を演じきるために声のトーンや表情を変えて、年を重ねていく演技をした。篤姫の場合は今和泉島津家の娘時代、薩摩藩主の幼女時代、将軍家の御台所時代、天璋院時代と社会的な立場が大きく変わっており、それに合わせた演技が年齢に応じた演技にも重なった。

 これに対して江の場合は身分が厳格ではなく、純粋に年齢に応じた演技が求められる。現時点の江は同じく上野が主演した『のだめカンタービレ』の野田恵(のだめ)に近いものもあり、それほど意外感はない。成長した江の毅然とした演技が今から楽しみである。

 江だけが父・浅井長政の死の真相を知らなかったという設定は、三姉妹の中で江のキャラクターを効果的に特徴付けている。茶々は長女らしく、落ち着いている。一般に淀殿には高慢でワガママでヒステリックという印象があり、どのような描かれ方になるか注目したい。茶々と比べて次女の初は感情をぶつけてくる。江にとっても、すぐ上の姉ということで、茶々よりも気安い関係である。初は浅井三姉妹の中で最も知名度が低いが、ドラマでは重視されそうである。

 若い女性が中心になると戦国時代劇としての重みに欠けがちであるが、脇を固める市(鈴木保奈美)の強さ、家康(北大路欣也)の貫禄が深みを加え、安っぽさを回避している。そして現時点での実質的な主人公ともいうべき存在が織田信長(豊川悦司)である。2010年の大河ドラマ『龍馬伝』が岩崎弥太郎目線で坂本龍馬を描いたならば、『江』の冒頭は江の目線で信長に迫ろうとする。それによって革命的な指導者ゆえの孤独が浮き彫りになる。

 第1回でスルーされたドクロの杯のエピソードも、今回は物語に即した解釈で描かれた。女性目線で明らかになる信長の哲学に期待したい。
(林田力)

ピックアップ

あの強打者と並び立つ偉業に?山田哲人が突き進む3度目のトリプルスリー
2018年08月14日 17時45分 [スポーツ]

トレンド新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る