search
とじる
トップ > レジャー > 本当にあった怖い彼氏〜ペットを飼っている男の裏の顔〜

本当にあった怖い彼氏〜ペットを飼っている男の裏の顔〜

pic pic

画像はイメージです

河野悠美(仮名・24歳)

 私は子供の頃から家で犬や猫を飼う生活を送ってきたので、動物が大好きです。今も猫を飼っているのですが、過去には動物嫌いな男性と交際したこともあります。その人は、アレルギー持ちではないのですが、とにかく猫の匂いが嫌いらしく、服に少しでもペットの香りが残っていると怒られました。もちろん彼が私の家に来ることもありません。なので、泊まる際は必ず相手の家でしたね。でも、私はペットを飼い続けたいので、もし結婚して共同生活を送る際に、その願いが叶わないのは嫌だなと思い、付き合って1年だったのですが、別れることにしました。

 そんなこともあり、次は必ず、動物好きな人がいいと思い、マッチングアプリで恋人探しを始めました。それである男性と仲良くなり、メッセージを交換することに。相手は部屋で子犬を飼っているみたいで、その写真も送られてきました。それで実際に会うことになり、何度か食事をしてから「ペットを見に来ない?」と誘われたんです。色々話してみて気が合う人でしたし、好意を抱き始めていたので、相手の家に行ってみることにしました。

 それで部屋に行くと、可愛らしい子犬が出迎えてくれました。その後、ソファーに座って雑談していたのですが、お酒が入っていたこともあり、キスされて優しく押し倒されました。私もある程度は覚悟していたので、受け入れたのですが、ベッドに移動して下着を脱がされた際、彼は棚の上に置いてあった透明のボトルを取り出したんです。そして、なんとそれを私の下腹部にかけ始めました。その謎の液体はドロドロしており、甘い匂いがしました。「え、ちょっとこれ何? ローション?」と聞くと、「違うよ。いいからいいから」と何も教えてくれません。そして、彼は「モカ!」とペットの名前を呼んで、そのまま子犬で私のアソコを舐めさせようとしたんです。急いで腰を引いて全力で拒否すると、彼は「犬の舌ってザラザラして気持ちがいいんだよ」って…。普段からこういうことをしている男だとわかったら急に恐ろしくなりましたね。

 もちろんそんな提案は受け入れませんでしたし、相手にはその後「なんてことをさせるの!?」と本気で怒りましたよ。それ以来連絡は取っていませんが、もうそんなことをしていないと願うばかりです。

写真・tnarik

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ