search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション(8/25札幌・8/24札幌)

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(8/25札幌・8/24札幌)

【今週の注目新馬】

☆サウンドプリズム

 2019年8月25日(日)札幌第5R芝1200m戦に出走予定のサウンドプリズム。馬名の由来は「冠名+ガラスなどで出来た多面体」。牡、青鹿毛、2017年3月16日生。栗東・武英智厩舎。父キズナ、母サウンドリアーナ、母父ケイムホーム。生産は日高町・本間牧場、馬主は増田雄一氏。母は12年ファンタジーS(GIII)を勝ち、翌年ユニコーンS(GIII)で2着に入り、芝、ダートで活躍した。本馬は胴が詰まった如何にも短い距離が向きそうなシルエットをしており、初仔ということもあって小柄ではあるが、付くべきところにはしっかりと筋肉が付いている。追い切りでは、回転の速いフットワークで、仕掛けられると反応良く加速し、しっかりと脚を伸ばした内容は評価できる。母に似たスピードタイプで、走法から芝、ダート問わず活躍しそうだ。なお、鞍上は松田大作騎手。

☆ヴォルスト

 2019年8月24日(土)札幌第5Rダート1700m戦に出走予定のヴォルスト。馬名の由来は「君主(オランダ語)」。牡、鹿毛、2017年2月7日生。栗東・宮本博厩舎。父キズナ、母ナスケンアイリス、母父フレンチデピュティ。生産は新ひだか町・桜井牧場、馬主はノースヒルズ。2017年セレクトセール当歳市場において3456万円(税込)で落札された。叔父には17年高松宮記念(GI)を勝っているセイウンコウセイ(父アドマイヤムーン)がおり、半兄には19年大井記念(SI)を勝ち、南関東で活躍しているモジアナフレイバー(父バトルプラン)を筆頭に、ナスケンリュウジン(父ケイムホーム)やネクストムーブ(バトルプラン)、ゴルトマイスター(父ゴールドアリュール)など、ダートで2勝以上しており母の産駒成績は優秀。本馬は兄たちほどではないが、母系の血が色濃く出ており筋肉質。フットワークの大きな走りで、ダート向きの力強さがある。距離は長めの距離が合いそうだ。なお、鞍上はC・ルメール騎手。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ