たむらけんじ経営の焼き肉店「無期限休業」で囁かれる“どっちつかず”の末路

芸能ネタ 週刊実話 2019年04月22日 18時03分

たむらけんじ経営の焼き肉店「無期限休業」で囁かれる“どっちつかず”の末路提供:週刊実話

 お笑いタレントのたむらけんじが4月22日、自身のインスタグラムを更新し、経営する『炭火焼肉たむら 大分店』を無期限休業することを報告した。

https://www.instagram.com/p/BwhXcL7g7rn/?utm_source=ig_web_copy_link

 たむらは「昨年7月12日にオープンさせていただきました『炭火焼肉たむら 大分店』なのですが、今の状況では僕が求める接客、サービスをお客様に提供できないと判断したため、突然ではありますが明日から無期限で休業させていただくことにしました。すでにご予約をしていただいてたお客様にはうちでのお食事を楽しんでいただけなかったことを心からお詫び申し上げます、申し訳ございませんでした」とつづり、続けて「こうゆう状況になってしまったのはすべてオーナーである僕の責任です。1日でも早く大分店を再開できるように全力をあげて取り組んでいきたいと思っていますのでよろしくお願いします」と、近い将来、再開の意欲を見せているが、実際に店を訪れた人からの評判はイマイチだという。

 地元に住むSさんは、家族4人でたむらの焼肉店に訪れたというが…。
「有名人の店ということで、話のネタになるかと食べに行ったのですが、最悪でしたね。店はどことなく薄汚れていて照明も暗く、入った瞬間に“あれ”っと不安になりました。また、店員の対応もイマイチで、オーダーした食べ物がなかなか来ませんでした。確かに肉自体はおいしいのですが、その分、値段も高いのでコスパは決して良くはないですね。休業のニュースを聞いて妙に納得してしまいました」と、散々だったようだ。

 もともと、たむらが焼肉店を始めたのは、義母が経営していた店を譲り受けたことがきっかけだ。焼肉店の営業ノウハウをしっかりと受け継いだ後は、芸人であることを生かした広告戦略が功を奏し、業績は急拡大。2008年7月には食中毒を起こし、謝罪会見を開くなど危機を迎えたこともあるが、その後は経営も順調とみられていた。

「結局、鉄板焼き店だ、仮想通貨だと、幅広く金もうけに走った結果、現場に目が行き届かなくなった結果でしょうね。当初はアルバイトの面接も自ら行っていたようですが、今ではそれも人任せ。業績が急拡大した後に陥る典型的な失敗パターンと言ってもいいでしょう。また、たむらの成功を支えた“あげまん妻”と2013年に離婚したことも、業績が傾き出した理由といわれています」(芸能記者)

 ネット上では、
《名古屋店も同じパターンで閉店しただろ。学習しないのか》
《京都店もすぐにつぶれたよね。めちゃ立地良かったのに》
《テレビじゃ愛想いいけど、実際は違うからなー》
 など、心配の声より批判的な声が多い。

 また、たむらのインスタでは“こういう”を“こうゆう”と誤って表記されていることから「こんなアホに金は落としたくない」との辛辣なコメントも見られる。

 最盛期には年収6〜7億円ともいわれていたたむらだが、果たして今度も順調にやっていけるのか。このままでは実業家、芸人どっちつかずで終わってしまう可能性も少なくない。

ピックアップ
芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る